ホーム > 組織で探す > 会計局 > 会計課 > 県証紙についてのご案内 > 県証紙とは

県証紙とは

   地方自治法により、普通地方公共団体は使用料又は手数料の徴収について、現金の代わりに証紙で収入することができます。
 山形県では、山形県証紙条例・山形県証紙条例施行規則により、山形県収入証紙(以下県証紙)で納入する使用料や手数料を定めています。使用料や手数料の多くが、県証紙を申請書などに貼付することで納付する形式となっています。
 
 ≪参考≫ 県証紙で納付する主な使用料や手数料には次のようなものがあります。
・自動車関係  :免許証更新手数料 自動車保管場所証明書交付申請手数料 など
・高校入学関係 :高等学校入学料 高等学校受験料 
・建築業、建設業関係:建築確認申請等手数料(県申請)
         建設業許可申請手数料(知事許可)など
・パスポート関係:一般旅券発給手数料
・その他    :飲食店の営業許可申請手数料 
         危険物取扱作業の保安に関する講習手数料
         教育職員の普通免許状の授与手数料

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成27年4月1日

関連情報