ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > くらし安心課 > 「交通死亡事故多発警報」及び「高齢者交通死亡事故警報」

「交通死亡事故多発警報」及び「高齢者交通死亡事故警報」

 (高齢者が被害者及び加害者となる)交通死亡事故が一定期間、集中的に発生した場合、県では、「交通死亡事故多発警報」又は「高齢者交通死亡事故警報」を発令し、その状況を県民に周知徹底するとともに交通安全関係機関・団体と一体となり、緊急かつ効果的な諸対策を講じ、(高齢者が被害者及び加害者となる)交通死亡事故の発生を抑止します。

 

 現在の「交通死亡事故警報」発令状況については、こちらをご覧ください。 

 目的、発令者、発令基準、発令期間、推進事項等の詳細 (PDF形式:44.4KB)については、こちらをご覧ください。

 「交通死亡事故多発警報」又は「高齢者交通死亡事故警報」が発令されたときには、皆さん、次の事項を実践し、交通事故を防止しましょう。

  1. 道路を横断するときは、「いつでもどこでも安全確認」をしましょう。

  2. 夕方からの外出は、明るい色の衣服と、ピカピカ光る夜光反射材を身に着けましょう。

  3. 人も車も自転車も、「しっかり止まって、はっきり確認」を実践しましょう。

  4. 飲酒運転は絶対に「しない、させない、許さない」ようにしましょう。

  5. 子どもや高齢者を見かけたら、スピードを落とし思いやりのある運転をしましょう。

  6. ヘッドライトのこまめな切り替えでハイビームを活用しましょう。

  7. 全ての座席で必ずシートベルト・チャイルドシートを着用しましょう。

シートベルト


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成21年6月1日公開

関連情報