ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 食品安全衛生課 > 食中毒に関すること(関連ファイル) > 有毒な山野草にご注意を

有毒な山野草にご注意を

 食べられる山菜と有毒植物を取り違えると重篤な健康被害につながることがあります。

 有毒植物による事故の多くは、山菜や有毒植物に対する知識や認識の欠如によることが多いようです。

 山菜を採取するときは次のことに十分注意してください。

食中毒を起こさないための注意事項

  • 山菜を採取する場合は、知っているものだけを採取しましょう。類似する有毒植物もあり、有毒植物の特徴や毒性を知っておく必要があります。初心者等が図鑑などで安易に判断することは危険です。
  • 新芽や根だけで種類を見分けることは難しい場合があるので、部分的な特徴だけでなく、その植物全体の特徴を確認しましょう。
  • 山野では食用となる山菜と有毒植物が入り混じって生えていることがあります。ひとつひとつ慎重に採取しましょう。
  • 少しでも自信のないもの、怪しいと思うものは、絶対に採取しないようにしましょう。
  • 採取してから自信がなくなったり、怪しいと思いはじめたら、もったいないとは思わずに、思いきって捨てましょう。
  • 調理前に、知らない植物や不安を感じる植物が混じっていないか十分注意しましょう。
  • 山野草を食べて、しびれ、むかつき、吐き気などの中毒症状を起こしたら、有毒植物の混入を疑い、残品を持って早急に医療機関を受診しましょう。

食中毒の原因となった有毒植物

 県内では1955年(昭和30年)から2017年(平成29年)3月末日にかけて、有毒植物による食中毒は54件発生しています以下、発生の多い順に記載します。

原因有毒植物事件数患者数死者数
トリカブト19384
スイセン1025 
チョウセンアサガオ728 
バイケイソウ24 
ぎんなん231
ドクウツギ221
ジャガイモ187 
マレイン16 
ドクゼリ13 
ユウガオ13 
ヨウシュヤマゴボウ24 
ヤマゴボウ12 
フジの実111
イヌサフラン111
あんず11 
シキミ11 
ヤハズエンドウ11 
合計54210 8

参考

 「有毒植物による食中毒に関する注意喚起」 厚生労働省

 「有毒植物に要注意」 厚生労働省

 「山菜採取にあたっての注意点」 林野庁

 「誤食しやすい山菜とキノコ」 山形県衛生研究所


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2017-04-12 食中毒発生件数を更新しました。

関連情報