ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 食品安全衛生課 > 営業衛生 > クリーニング師について

クリーニング師について

クリーニング師とは

クリーニング師とは、クリーニング業法に基づき、都道府県知事の行う試験に合格し、免許を取得した人をいいます。
クリーニング所の営業者は、クリーニング所ごとに、1人以上のクリーニング師を置かなくてはなりません。
(クリーニング所のうち、洗濯物の受取及び引渡のみを行う「取次所」は、この対象に含まれません。)

クリーニング師試験免許申請について

都道府県知事の行う試験に合格し、クリーニング師の免許申請を行います。試験に合格しただけでは、クリーニング師になることはできません。
合格後、免許の申請を行い、クリーニング師原簿に登録されることで資格取得となりますので、その証となる免許証の交付を受けなければなりません。
クリーニング師免許申請の手続きについてはこちらから

クリーニング師研修・講習

クリーニング師の研修

クリーニング所の業務に従事するクリーニング師は、業務に従事した後1年以内に、その後は3年を超えない期間ごとにクリーニング師の資質の向上を図るための研修を受けなければなりません。(クリーニング業法第8条の2)

クリーニング業務従事者に対する講習

クリーニング所の営業者は、クリーニング所の開設後1年以内に、業務に従事する者に対し、業務に関する知識の修得及び技能の向上を図るための講習を受けさせなければなりません。(クリーニング業法第8条の3)
従業者の数に5分の1を乗じて得た数(端数は1として計算します。)の者を選んで、受けさせなければなりません。
初回受講後は、3年を超えない期間ごとに受けなければなりません。

今年度の研修・講習の予定

クリーニング師研修 

 平成28年度の研修は終了しました。

 

業務従事者講習 

 平成28年度の講習は終了しました。

 

上記研修及び従事者講習についての問い合わせ先

(公財)山形県生活衛生営業指導センター  電話023-623-4323 ファックス023-634-6290


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2012-02-24公開
  • 2016-02-17更新

関連情報