ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 食品安全衛生課 > 営業衛生 > 【食品安全衛生課】クリーニング所緊急施設整備支援事業費利子助成補助金について

【食品安全衛生課】クリーニング所緊急施設整備支援事業費利子助成補助金について

山形県では、クリーニング業を営む方が、引火性溶剤の安全対策設備を導入するために、日本政策金融公庫の融資を受けた場合、その利子を助成する制度を設けています。

対象者

平成22年9月10日以前に山形県内で建築された建築基準法の用途規制違反又は既存不適格のクリーニング所を有している方です。

対象経費

県内クリーニング所の整備等のため、平成29年度に融資を受けた日本政策金融公庫国民生活事業のうちの次の融資制度が対象となります。

  • 生活衛生貸付の設備資金融資のうち引火性溶剤使用に伴う安全対策に必要な設備資金融資

助成額

日本政策金融公庫の利率の2分の1(千円未満切捨)です。ただし、融資の償還残高に対する0.45%が補助上限です。

助成対象期間

平成29年4月から平成30年3月までの利子支払分です。

手続き

  1. 日本政策金融公庫の融資を受ける際に、日本政策金融公庫の融資担当者に山形県の助成を希望することを申出てください。
  2. 融資を受けた日の属する月の翌月15日(ただし、平成30年3月に融資を受けた場合は同月末日)まで、補助金交付申請書及び必要書類を添えて山形県食品安全衛生課に提出してください。
  3. 県では、申請書を受理した後、交付の適否を審査して、その旨ご連絡します。
  4. 平成30年4月15日まで、実際に支払った利子に対する実績報告書を提出してください。(山形県では、助成金を年に1回まとめて支払います。)

その他

詳細は、次のファイルをご覧ください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報