ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 危機管理課(復興・避難者支援室) > 平成28年熊本地震への対応について

平成28年熊本地震への対応について

山形県では、平成28年熊本地震への支援のため、以下のとおり対応を行っています。

 

連絡会議の開催

 
○4月17日(日)第1回熊本地震災害対策連絡会議(部長会議)
○4月18日(月)第1回熊本地震に伴う関係課長会議
○4月22日(金)第2回熊本地震災害対策連絡会議(部長会議)
○4月28日(木)定例部長会議
○5月10日(火)定例部長会議
○5月24日(火)定例部長会議
 

人的支援 

被災地支援に向けた県職員の派遣状況(一覧)

 
 派  遣 期  間 人数 所  属 備  考

 災害派遣医療チーム

(DMAT)

 4月16日~4月19日

(4日間)

 5名 県立中央病院

医師2名、看護師2名、

薬剤師1名 

 災害医療統括コーディネーター等

4月19日~4月22日

(4日間) 

 2名県立中央病院 医師1名、薬剤師1名 

 災害派遣精神医療チーム

(DPAT)

4月21日~4月28日

(8日間) 

 4名県立こころの医療センター 

医師1名、看護師1名、

精神保健福祉士1名、

業務調整員1名 

 医療救護班

4月22日~4月26日

(5日間) 

 5名県立新庄病院 

医師1名、看護師2名、

薬剤師1名、業務調整員1名 

 被災建築物応急危険度判定士

4月25日~4月29日

(5日間) 

 5名

県土整備部、

最上総合支庁、

置賜総合支庁、

庄内総合支庁 

※その他、市町村から5名派遣

(山形市2名、天童市1名、

 鶴岡市2名) 

 災害医療統括コーディネーター等

 4月26日~4月29日

(4日間)

 1名県立中央病院 医師1名 
 妊産婦・乳児避難所設置支援

4月26日~4月28日

(3日間) 

 3名

子育て推進部、

村山総合支庁 

 
医療救護班

5月7日~5月12日

(6日間) 

5名県立中央病院

医師1名、看護師2名、

薬剤師1名、業務調整員1名

東北管区広域緊急援助隊交通部隊員

5月8日~5月13日

(6日間)

10名 警察官10名
行政事務支援

6月6日~6月13日

(8日間)

2名 

事務職2名

行政事務支援

6月13日~6月20日

(8日間)

2名 事務職2名
行政事務支援

6月20日~6月27日

(8日間)

2名 事務職2名
行政事務支援

6月27日~7月4日

(8日間)

2名 事務職2名
行政事務支援

7月4日~7月11日

(8日間)

2名 事務職2名
行政事務支援

7月11日~7月18日

(8日間)

2名 事務職2名
農地・農業用施設の災害復旧

9月1日~9月30日

(1か月間)

1名 農業土木職1名
農地・農業用施設の災害復旧

10月1日~10月31日

(1か月間)

1名 農業土木職1名
農地・農業用施設の災害復旧

11月1日~11月30日

(1か月間)

1名 農業土木職1名
農地・農業用施設の災害復旧

12月1日~12月31日

(1か月間)

1名 農業土木職1名
農地・農業用施設の災害復旧

1月1日~1月31日

(1か月間)

1名 農業土木職1名
農地・農業用施設の災害復旧

2月1日~2月28日

(1か月間)

1名 農業土木職1名
農地・農業用施設の災害復旧

3月1日~3月31日

(1か月間)

1名 農業土木職1名
 
 
 

物的支援等

生活必需品の支援

○4月17日(日)に、県(村山総合支庁)で備蓄する物資及びJAグループ山形から支援をいただいた無洗米等を被災地に搬送しました。

支援物資の内容

保存食(アルファ米 10,000食)、飲料水(500ミリリットルペットボトル 4,000本)、毛布(400枚)、防災シート(200枚)
≪JAグループ山形支援≫ 無洗米等(800キログラム)、パックご飯(1,000食)
 
 
○4月24日(日)に実施したモンテディオ山形選手会等による支援物資募集に、県企業局が協力し、熊本市内の支援物資集積所に発送しました。

支援物資の内容

「おいしい山形の水」100ケース(500ミリリットルペットボトル、2,400本)
 
 
○5月4日(水)に、熊本市及びボランティア山形からの要請により、県(庄内総合支庁)で備蓄する物資を発送しました。

支援物資の内容

防災シート(ブルーシート)(200枚)
 
 
○5月12日(木)に、ボランティア山形の協力により、グリーンコープ共同体の支援活動を通じて被災地に提供するため、福岡県内の支援物資集積所に物資を発送する予定です。

支援物資の内容

「おいしい山形の水」834ケース(500ミリリットルペットボトル、約20,000本)
  
 

義援金の募集

4月15日(金)に日本赤十字社山形県支部が義援金の受付を開始しました。4月18日(月)から県庁ロビー、各総合支庁、県立病院等に順次募金箱を設置しました。また、4月18日(月)から県の職員に対して義援金の募集を実施しました。
 
日本赤十字社山形県支部による義援金受付の詳細については、こちらをご覧ください。(日本赤十字社のホームページへのリンク)
 
 

見舞金等の贈呈

6月24日(金)に、細谷副知事が熊本県庁を訪問し、見舞金100万円及び県職員からの義援金178万円を贈呈しました。また、熊本県益城町の避難所7箇所に山形県産さくらんぼを贈呈しました。
 
 

被災者の受入

県営住宅等

平成28年熊本地震の被災者に対し、本県の県営住宅等を避難用住居として提供することを、4月22日(金)に決定・公表するとともに、熊本県に伝達しました。
【提供住宅】県営住宅及び県職員公舎 約100戸
【家賃等】免除
【支援期間】 平成29年3月末まで
 
詳細については、こちらをご覧ください。
 

民間賃貸住宅

熊本県から災害救助法に基づく追加の応援要請(7月4日付)があったことから、県営住宅等に加えて民間賃貸住宅を提供対象とし、山形県が借り上げて無償で提供することとしています。
【提供住宅】民間賃貸住宅
【提供期間】入居から2年間

受入実績

避難元

世帯・人数

入居日備考
熊本県

1世帯・2名

平成28年9月1日日本赤十字社山形支部から、生活備品が提供される予定。

 

 

その他(中小企業支援)

平成28年熊本地震による九州地方の製造業生産拠点の操業停止等に伴い、今後、県内中小企業への生産調整等の影響の広がりも懸念されることから、地震に起因する資金繰りの悪化など、万が一の事態に備え、次の措置を講じることとしました。
 
○総合金融相談窓口を県庁(中小企業振興課)内に設置しました。
○山形県商工業振興資金融資制度(地域経済変動対策資金)の対象要件に「平成28年熊本地震」を追加指定しました。
※実施日:平成28年4月28日(木)から当分の間
 
 

災害ボランティア

災害ボランティアに関する情報については、以下のページを御参照ください。


(「お知らせ」欄:【山形県からのお知らせ】熊本地震における災害ボランティア情報)

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2016-09-01 更新
  • 2016-07-19 更新
  • 2016-06-23 更新
  • 2016-05-30 更新
  • 2016-05-24 更新
  • 2016-05-10 更新
  • 2016-05-06 更新
  • 2016-05-02 更新
  • 2016-04-28 掲載

関連情報