ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 危機管理課(復興・避難者支援室) > 放射線関連 > 放射線の状況 > 山形県内の空間放射線量(毎時)

山形県内の空間放射線量(毎時)

 測定結果(固定型モニタリングポスト)

 
 
 
 
 

 測定結果(可搬型モニタリングポスト)

 
 
 
 
 

概要

 ○固定型モニタリングポスト
※ モニタリングポスト設置箇所及び設置高さ
山形市(衛生研究所:地上20m)、村山市(環境科学研究センター:地上1m)、新庄市(最上総合支庁:地上1m)、米沢市(置賜総合支庁:地上1m)、三川町(庄内総合支庁:地上1m)、小国町(小国町役場:地上1m)  
 
※山形市において、原子力規制庁が別途地上1mの高さで測定しております。
 なお、山形市(衛生研究所)は福島第一原発事故前から測定している県内唯一の地点であるため、今後も測定高さを変更せず、地上20mで測定を実施します。
 
※測定機器:日立アロカメディカル株式会社製 MAR-22
 
※ 空気中の放射線量は、大気中のラドン等の影響を受け、降雨・降雪の日に高い値を示したり、逆に積雪で地表からの放射線が遮断されることにより低い値を示すなど、天候による多少の変動がみられます。
 
※ 測定箇所の気象データはこちらをご覧ください。(気象庁へのリンク)   山形市  村山市  新庄市  米沢市  鶴岡市  小国町  
 
※ 衛生研究所のモニタリングポストの過去(H7~H21)の観測値の変動幅は0.025~0.082(μSv/h)でした。
 
※ 衛生研究所のモニタリングポストは平成25年3月22日に更新しています。
 
放射線量は、1μGy/h(マイクログレイ/時間)=1μSv/h(マイクロシーベルト/時間)で換算し、1時間当たりの値を示しています。
 
※ 測定値は、10分毎測定値の60分間の平均値を1時間値として表示しています。  
 
※ データ中の****は欠測を示しています。欠測には、機器の点検等も含みます。
 
※ 平成24年3月28日8時までの山形市と米沢市の測定値は、下記リンクでご覧いただけます。
 
これまでの放射線量の推移及び積算値2012 (山形市・米沢市) 平成24年3月28日午前8時まで (Excel:41KB) 
 
 
○可搬型モニタリングポスト
※ モニタリングポスト設置箇所及び設置高さ:鶴岡市(鼠ヶ関浄化センター:地上1m)
 
※ 測定機器:日立アロカメディカル株式会社製 MAR-1561
 
放射線量は、1μGy/h(マイクログレイ/時間)=1μSv/h(マイクロシーベルト/時間)で換算し、1時間当たりの値を示しています。
 
※ 測定値は、10分毎測定値の60分間の平均値を1時間値として表示しています。
 
※ データ中の****は欠測を示しています。欠測には、機器の点検や移動等も含みます。
 
※ 空気中の放射線量は、大気中のラドン等の影響を受け、降雨・降雪の日に高い値を示したり、逆に積雪で地表からの放射線が遮断されることにより低い値を示すなど、天候による多少の変動がみられます。
 

The Current Status of Airborne Radiation in Yamagata Prefecture, Japan

Levels of airborne radiation in Yamagata City and Yonezawa City are being monitored continuously.

Slight fluctuations in the airborne levels of radiation can be seen in relation to weather changes, such as elevated readings during rain or snow. Also, average readings can differ by region due to variations in soil composition. Readings taken in the last 15 years (1993-2009) at the Yamagata City station have ranged from a low of 0.025 microsieverts per hour to a high of 0.082 microsieverts per hour.
The radiation the human body is exposed to during a chest X-ray is equivalent to 60 microsieverts. With the levels of radiation present in the air, a person would need to spend several hundred hours outside before being exposed to the equivalent radiation of a single chest X-ray. Thus, at current levels, there is no effect on the human body.

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • H26.12.1 欠測の発生について掲載

関連情報