ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 消費生活センター > 洗濯表示の変更 > 衣類の洗濯表示(取扱い表示)が変わります

衣類の洗濯表示(取扱い表示)が変わります

平成28年12月1日から衣類の「取扱い表示」が変わります

  衣類等の取扱い絵表示が、これまでの日本独自のものから、国際規格と同じ絵表示に変わります。新たな絵表示は、平成28年12月1日以降に販売される繊維製品に使用されます。

 

慣れ親しんだ記号が変わる理由

 近年、衣類などの生産や流通は海外との取引が増え、輸入されている衣類などには日本の洗濯表示と海外の洗濯表示の両方がついている場合があります。また、家庭洗濯で使用する洗濯機や洗剤類は多様化し、商業クリーニングの技術も進歩するなど繊維製品を取り巻く環境は劇的に変化しました。そこで、このような変化に対応するために、衣類等の繊維製品の洗濯表示を新しいJIS L 0001にならったものに変更されます。

 

どのように変わるの?

 新しい洗濯表示は、現在の22種類から国際規格の41種類に増え、国内外で同じ表示になります。国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取扱いなどを円滑に行えるなど消費者の利便性が高まることが期待されます。

 

※詳しくは、下記よりご覧ください。

 

○消費者庁ホームページ 新しい洗濯表示のページ

  www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html

 

   洗濯表示

  (消費者庁HPへリンク)

 

○政府インターネットテレビ おすすめ動画(洗濯表示)のページ

  nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13746.html

 

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2016年6月掲載

関連情報