ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > みどり自然課 > 自然環境担当 > ヒナを拾わないで!

ヒナを拾わないで!

春から初夏にかけては野鳥たちの子育ての時期です。

この季節、ヒナが地面に落ちていることがよくあります。

でも、ヒナを拾わないで、そのままにしておいてください。

Q なぜ地面に落ちているヒナをよく見かけるのですか?

A 巣立ちしたばかりのヒナはうまく飛べません。だから、枝から枝へ移る時などに、地面に降りたりしてしまうのです。

Q ヒナを見つけた時、どうしたらいいのでしょうか?

A 近くに姿が見えなくても、親鳥は必ずヒナのもとへ戻って世話をします。人がヒナのそばにいると、かえって親鳥はヒナに近よれません。そのままにしましょう。

Q ネコが近くにいて心配ですが・・・

A 近くの木の枝先など、ネコが近よれない所にとまらせておきましょう。

Q 人が野鳥のヒナを育てることはできないのでしょうか?

A 私たち人間には、飛び方や、何が危険なのかをヒナに教えることができません。自然の中で自立していけるように育てるというのはとても難しいことなのです。

なお、野鳥を飼うことは法律で禁止されています。

 

なぜ、ヒナを拾ってはいけないのか、もっと詳しく知りたい方はこちらへ

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2010年4月5日組織改変に係る部局の変更
  • 2015年1月28日レイアウト修正

関連情報