ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 水大気環境課 > 第39回 全日本中学生水の作文コンクールについて

第39回 全日本中学生水の作文コンクールについて

  「全日本中学生水の作文コンクール」は、「水の日(8月1日)」、「水の週間(8月1日から7日)」関連行事の一環として、広く水に対する関心を高め、その理解を深めることを目的として毎年行われています。
第39回全日本中学生水の作文コンクールポスター
※画像クリックでポスター(PDF)のページが開きます。

1 テーマ

 「水について考える」(題名は自由)
 普段使っている水がどこからきて、使用後にどこに流れていくのか。普段当たり前のように使っている水ですが、実は知っているようで知らないことが多いと思います。この機会に、水についての理解を深めるとともに、皆さんが暮らしの中で体験している水にまつわる話や、祖父母、両親、先生から学び聞いた話などをもとに、水についての考えや今後の水の使い方についてまとめてみましょう。
 たとえば、「水の大切さ」、「ダムの恩恵」、「人と川との豊かなふれあい」、「農業を支える水」、「水との暮らし」、「川や湖や海の水をきれいにするために自分たちでできる工夫」などの内容について、作文を書いてみませんか?
 たくさんの応募をお待ちしています。

2 応募資格

 中学生(平成29年度に中学校に在学中の方、またこれらの方と同じ学齢の方を含む)

3 原稿

 400字詰め原稿用紙4枚以内(日本語により表記された個人作品に限る。)

4 応募締め切り日

 平成29年5月12日(金曜日)到着分有効 (第39回)
 ※2年生以下の生徒については、上記応募締め切り日以降も随時応募を受けつけております。ただし、その場合には、次回の応募とさせていただきますのでご了承ください。

5 応募方法

 作文には、本文の前(原稿用紙枠内)に「題名」、「学校名(ふりがな)」、「学年」、「氏名(ふりがな)」を記入し、6の送付先に送付してください(個人応募でも構いません)。
 ※学校単位で応募する場合は、応募担当者名、連絡先を同封してください。

6 送付先

〒990-8570 山形県山形市松波二丁目8番1号
山形県環境エネルギー部 水大気環境課
電話番号:023-630-2338 FAX:023-625-7991

7 審査

 作文の受領後、5月下旬に県で審査を行い、上位5編(予定)を優秀作文として中央審査へ推薦します。その後、7月中旬までに、国土交通省水管理・国土保全局水資源部及び中央審査会において中央審査が行われ、入賞作文(最優秀賞、優秀賞及び入選)が決定されます。

8 賞及び賞品等(予定)

最優秀賞

内閣総理大臣賞 1名

賞状、副賞

優秀賞

厚生労働大臣賞 、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞 、

環境大臣賞 、水の週間実行委員会会長賞、独立行政法人水資源機構理事長賞、

全日本中学校長会長賞、中央審査会特別賞 各1名

賞状、副賞

入選

30名程度

賞状、副賞

佳作

中央審査会へ作文が送付された者のうち、最優秀賞、優秀賞、入選の受賞者を除く者全員

記念品

一日事務所長体験

最優秀賞及び優秀賞受賞者のうち、希望者については、在住地域の地方整備局等又は

水資源機構の現地事務所等において、「一日事務所長」の体験(管内巡視、PR活動等)を

していただけます。

 

 

※優秀賞の訂正について:

ポスターに掲載されている「文部科学大臣賞(優秀賞)」は誤りです。実際の賞にはありませんので御留意ください。

9 入賞発表

 地方審査及び中央審査の入賞者については、7月中旬頃に所属学校長に通知します。中央審査の入賞者については、7月下旬に報道発表が予定されています。
 ※中央審査の入賞作文については、記載された学校名、学年、氏名を国土交通省のホームページ、作品集に掲載するほか、報道機関   
 を含めた関係者へも提供することとなりますので、予めご承諾の上、ご応募ください。

10 賞状等の贈呈
 

 中央審査の最優秀賞及び優秀賞の受賞者は、「水の日」の行事に招待され、その際に賞状、副賞が授与されます。(7月末から8月初旬予定)
 入選及び佳作の受賞者は、県又は国土交通省から賞状及び副賞(入選入賞者)や記念品(佳作入賞者)を送付します。

11 その他

・応募作文は、自作の未発表のものに限ります。
・入賞作文の版権は、主催者に帰属します。
・応募作文は返却いたしません。
・本コンクールの応募作文に記載される個人情報は、本コンクールの運営に必要な範囲内で利用します。また、応募者の同意なく、本来の利用目的を越えて転用することはありません。
・個人情報は、山形県個人情報保護条例等に基づき適正に管理します。

12 参考
 

・「水の日」「水の週間」及び本コンクールの概要につきましては、下記国土交通省ホームページをご覧ください。
 
国土交通省「水の作文コンクール」ホームページアドレス
 
主催:水循環政策本部、国土交通省、山形県
後援(予定):文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省、水の週間実行委員会、独立行政法人水資源機構、
                  全日本中学校長会 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2015-03-10

関連情報