ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 環境科学研究センター > 環境科学研究センターの紹介 > 環境科学研究センターの沿革

環境科学研究センターの沿革

 

 
昭和48 年4月  「山形県公害センター」(山形市十日町)が設置される。
            総務課、大気科、水質科の1課2科制
 
   49 年4月  特殊公害科が新設され、1課3科制となる。(54年3月、特殊公害科は廃止)
 
   55 年4月  1課2科制から1課2部制(総務課、大気部、水質部)へ組織が改正される。
 
平成 5 年4月  環境情報部が設置され、1課3部制となる。
 
    6 年4月  「山形県環境保全センター」に名称が変更される。
 
   11 年4月  環境化学部が新設され、1課4部制となる。
 
   15 年3月  村山市へ移転工事完成。
 
   15 年4月  「山形県環境科学研究センター」に組織が改正され、村山市に移転。
           総務課、環境企画部、大気環境部、水環境部、環境化学部の1課4部制
 
   18年2月  「エコアクション21」及び「山形エコアクション21」の認証取得
           その後、3回更新・登録し現在に至る。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成17年2月9日:新規登録(移行)
  • 平成24年4月:更新

関連情報