ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 警備第二課

警備第二課

警備実施

 北朝鮮は過去に例を見ない頻度で弾道ミサイルを発射し、発射した弾道ミサイルが、日本の上空を通過する事案も起こっています。

 県民の皆様には、ミサイル等の落下に備え、下記の行動をお願いします。

  ~ 弾道ミサイルが落下した時の行動について ~  

※ 内閣府官房国民保護ポータルサイトより   

【弾道ミサイル発射直後の情報伝達】

  • 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

【発射情報を知った直後にとるべき行動】

≪屋外にいる場合≫
  • 近くの建物の中か地下に避難。
≪建物がない場合≫
  • 物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。 
≪屋内にいる場合≫
  • 窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。
 
 
◆◆ 不審な飛行物体や落下物を見たり聞いたりした場合 ◆◆ 

1.絶対に、落下物には触らないでください。

2.絶対に、落下物には近寄らないでください。

3.発見時には、直ちに110番通報してください。       

 

 

災害警備

● 災害警備活動と防災出前講座