ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 警備第二課 > 災害警備活動と防災出前講座

災害警備活動と防災出前講座

  

平穏な暮らしを守るために~災害と警察の活動~

防災訓練1

 
 地震、台風、突然の集中豪雨・・・災害はいつ私達に襲いかかってくるかわかりません。『天災は忘れた頃にやってくる』といわれているように『いつ』『どこで』起きるかわからないのが自然災害です。職場や家庭で日頃から災害に備えておくことが大切です。

 

防災訓練2

 

  警察は、台風や地震、集中豪雨などによる大規模な自然災害が発生した場合に、直ちに現場出動して被災者の救助や避難誘導、交通規制などの災害警備活動を行います。 

 

防災訓練3

 

防災出前講座

 県警では、県と連携し、災害の被害を軽減する「滅災」の考え方を基本に

「災害に強い山形県」を目指しています。

 災害発生時の被害を軽減するため、警察官が直接、自主防災会や町内会などの会合に出向き、

  ・ 身近に役立つロープの結び方

  ・ 「滅災」のための講義

  ・ 東日本大震災における警察活動

等についてお話しする「防災出前講座」を実施しています。

  なお、本年は9月末現在、595か所、延べ14,975の方に受講していただいております。

 

   

 

   ※詳しくはこちらをクリックしてください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ