ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 生活安全企画課 > 青色防犯パトロールを始めてみませんか?

青色防犯パトロールを始めてみませんか?

目次

 

青色防犯パトロールとは?

青パト集合 青色防犯パトロールとは、自動車に青色回転灯を装着して地域の自主防犯パトロールを行う活動をいいます。
通常、青色回転灯を自動車に装着して運行することは道路運送車両法違反となり禁止されていますが、平成16年から、警察に申請し、自主防犯パトロールを適正に行うことができると認定を受けた団体は、青色回転灯の装着が可能となりました。
青色防犯パトロールは、徒歩や自転車でのパトロールに比べて、

  • 人目につきやすく高い防犯効果が期待できる。
  • 天候に影響されず、少人数でも広範囲にわたるパトロールが可能である。
  • 地域全体の防犯意識向上につながる。

等の利点があるため、活動が全国で広がっています。
こちらのパンフレット( PDF1.09MB)もあわせてご覧ください。

 

山形県内の青色防犯パトロール活動状況

 山形県内では、平成25年12月末現在で90団体が青色回転灯装備車の運用団体として認定を受け、1,205台が青色防犯パトロールを行っています。
各団体は、下校時の子ども見守り活動や防犯パトロール等を行い、地域の安全・安心のために活動しています。

 

申請可能な団体

 青色防犯パトロールを行うことができるのは、防犯パトロールを行う団体であって、次の1~4のいずれにも適合すると認められる団体です。

1 団体が次のいずれかに該当すること。
① 山形県、市町村
② 県知事、警察本部長若しくは警察署長または市町村長から防犯活動の委嘱を受けた団体
③ 県知事等から委嘱を受けた者により構成される団体
④ 地域安全活動を目的として設立された社団(財団)法人もしくはNPO法人又は許可された地縁団体
⑤ 上記①~④までの団体等から防犯活動の委託を受けた者
2 実績・計画に照らし、継続的な自主防犯パトロールの実施が認められること。
3 青色防犯パトロール講習を受講し、防犯パトロール中に予想される事案に対し、適切に対応できると認められること。
4 青色防犯パトロールを適切な方法により実施することができると認められること。

 

申請手続きから活動までの流れ

青パト申請の流れ

県内運輸支局等の窓口一覧
地 域 区分 名称 所在地 電話
山形ナンバー 普通車 山形運輸支局 山形市大字漆山字行段1422-1 050-5540-2013
軽自動車 軽自動車検査協会山形事務所 山形市立谷川二丁目449 050-3816-1836
庄内ナンバー 普通車 庄内自動車検査登録事務所 東田川郡三川町大字押切新田字歌枕3 050-5540-2014
軽自動車 軽自動車検査協会山形事務所庄内支所 東田川郡三川町大字押切新田字歌枕109-3 050-3816-1836

 

 

青色防犯パトロールの方法

青色防犯パトロール中

  1. 青色回転灯は、自動車の屋根に1個又は1体のみ装備(マグネット等による着脱式も可能)して使用します。
  2. 自主防犯パトロール実施時以外では、回転灯を点灯させることはできません。
  3. 自動車の車体に団体の名称及び自主防犯パトロール中であることがわかるように表示しなければなりません。(団体名と自主防犯パトロール中であることを表すマグネットプレート等を車に貼り付ける)
  4. 使用する回転灯は、光源が点滅するものではなく、回転式の構造でなければなりません。
  5. 回転灯を点灯させて運行する際は、標章を見えるように掲示し、パトロールの実施者はパトロール実施者証を携行しなければなりません。
  6. 警察本部長に申請したパトロール活動地域以外では、青色回転灯を点灯した運行はできません。(他団体からの要請で合同パトロール等を行う場合は警察署へ届出が必要)
  7. パトロール実施者証の交付を受けた方は、概ね3年ごとに青色防犯パトロール講習を受講しなければなりません。

 

青色防犯パトロール実施上の注意点

交通事故に特に注意

 青色防犯パトロール中は、不審者(車)を警戒しながらの運転となるため、脇見運転になりがちです。可能であれば、パトロールは1台の車に複数人が乗車して、運転手はあくまでも運転に専念し、警戒は助手席等に乗車する人が行うようにしましょう。
調子の悪いときや心に余裕がないときは、パトロールを中止する勇気も必要です。

特権意識の排除

 青色防犯パトロール中だからといって、特別な権限が与えられているわけではなく、普通の車と全く同じ扱いとなります。交通規則を遵守し、他の車の模範となるような運転を心がけましょう。

 

青色防犯パトロール各種申請書類様式・記載例のダウンロード

申請時に必要な書類 〔圧縮ファイル(zip形式)をダウンロードしてください〕

様 式 説 明 ・ 記 載 例
【証明申請書(様式第1号)】 青色防犯活動を適正に実施することができる団体であることの証明を受ける申請
 【記載例】
【継続用紙(様式第1号)】 証明申請書(様式第1号)の使用自動車が複数ある場合に使用
 【記載例】
【団体・青色防犯パトロールの概要(様式第2号)】 団体規約(会則)、会員名簿、パトロール計画書がある場合は添付
 【記載例】
【青色防犯パトロール実施者名簿(様式第3号)】 パトロール実施者の氏名、講習受講年月日を記載
【記載例】
【誓約書(様式第4号)】 青色防犯パトロールを行うに際しての誓約書
 【記載例】
申請時に必要な添付書類
 自動車検査証の写し(申請する車両全台分)
 青色回転灯の取付位置、灯火の概ねの大きさ、形状が分かる程度の図面又は写真
 取り付ける青色回転灯の光度等が分かる資料(パンフレット等)

 

 

その他申請書類 〔圧縮ファイル(zip形式)をダウンロードしてください〕

様 式 説 明 ・ 記 載 例
【再交付申請書(様式第8号)】 交付された証明証・標章・パトロール実施者証を紛失、毀損、汚損した場合に提出
 【記載例】
【証明書記載事項変更申請書(様式第9号)】 団体名、代表者、使用自動車、パトロール実施地域に変更がある場合に提出
 【記載例】
【継続用紙(様式第9号)】 証明書記載事項変更申請書(様式第9号)の使用自動車が複数ある場合に使用
 【記載例】
【パトロール実施者変更申請書(様式第10号)】 パトロール実施者に変更がある場合に提出
 【記載例】
【返納届(様式第12号)】 団体が青色防犯パトロールを実施しなくなった場合に証明証・標章・実施者証を添付し提出
 【記載例】
【デモンストレーション等運行実施申請書(様式第13号)】 防犯パトロール以外の目的や活動地域以外で青色回転灯を点灯させて運行する場合に提出
~ 例 ~
○他団体からの要請を受けて、パトロール実施地域以外で合同パトロールを行う 等 
【記載例】

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2014-03-26

関連情報