ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 生活安全企画課 > 適正な銃砲・刀剣類の管理対策 > 申出制度について

申出制度について

銃砲刀剣類所持等取締法(いわゆる「銃刀法」)には、「公安委員会に対する申出制度」が設けられています。必要に応じてご活用ください。

申出制度とは?

銃砲刀剣類を所持する者(以下「猟銃等所持者」と言います。)の発言や行動、その他の事情から、猟銃等所持者が所持する銃砲刀剣類を使用して人に危害を加えたり、財産を害し、または公共の安全を害するおそれがあると思われるときは、公安委員会に対し、その内容を申出することができるというものです。

具体的には、

  • 酒を飲むと乱暴な性格になり、怖い言葉や、暴力的な行動をする
  • 家族や近所の人にいつも迷惑をかけている
  • 最近落ち込んでいて、自殺をするのではないか

など、猟銃等所持者として発言や行動に不安を感じる場合に、公安委員会に対して、申出をしていただき、情報提供をお願いするものです。

どういう人が申出できるの?

申出者が、

  • 猟銃等所持者と同居する人
  • 猟銃等所持者の近隣に居住する人
  • 猟銃等所持者と勤務先が同じ人

の場合に、申出制度を利用して申出することができます。

これ以外の人からの情報についても、大切な情報として、申出制度に準じた適切な対応をいたします。

申出の手続きは?

申出方法や申出様式は定められていませんので、口頭、文書、Eメール、ファクシミリ等の方法により、任意の形式で申出することができます。

申出をする際には、

  • 申出される方の住所、氏名、連絡先または勤務先
  • 猟銃等所持者に関する住所や氏名などの情報
  • 申出をする趣旨(所持する銃砲刀剣類により、人に危害を加えたり、財産を害し、または公共の安全を害するおそれがあると思われる理由)

を申し出てください。

なお、、申出された方の秘密は厳守いたしますので、安心して申出してください。

どこに申出したらいいの?

警察本部及び警察署のほか、交番、駐在所でも受け付けます。

申出した後はどうなるの?

申出を受け付けた公安委員会は、申出内容に関する調査を行い、事実であると認めるときは、危害を防止するための必要な措置を執ります。

詳しくは、最寄りの警察署生活安全課(係)にお問い合わせください。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ