ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 運転免許課 > 高齢者講習・認知機能検査を受けられる方へ(有効期限が29年9月12日以降の方)

高齢者講習・認知機能検査を受けられる方へ(有効期限が29年9月12日以降の方)

このページは運転免許証の有効期限が平成29年9月12日以降の方の説明です。

 

※有効期限が平成29年9月11日までの方はこちらをご覧ください。

 

    高齢者講習は、運転適性や実車指導を通じて、加齢に伴って生ずる身体の機能の低下を自覚して安全運転を続けて

   いただくための講習です。

    運転免許証の更新期間満了日の年齢が70歳以上75歳未満の方は高齢者講習を、75歳以上の方は高齢者講習と

   認知機能検査を更新手続き前に受講していただく必要があります。また、運転免許証の有効期限が切れ(失効)、再び免許を取得する際にも受講が必要です。

 

   下記のご覧になりたいところをクリックすると該当箇所にジャンプします。

   ・70歳以上75歳未満の方……高齢者講習

    75歳以上の方……高齢者講習・認知機能検査

   注意していただきたい点

   ・他機関へのリンク

 

1 講習内容・時間等

  高齢者講習……座学・実車等 2時間

            (小特免許のみの方は、座学等 1時間 ※実車はありません) 

2 講習受講場所

  山形県内の各指定自動車教習所

  (指定自動車教習所一覧はこちらをご覧下さい。 PDFファイル 55KB

3 受講方法

  山形県公安委員会から送付される「高齢者講習通知書(高齢者講習等のご案内)」が届いたら希望する指定自動車教習所に電話で予約をしてください。

  ※通知書(ハガキ)を受け取ったら、なるべく早く予約の電話をお願いします。

4 受講期間

  運転免許証の更新期間満了日(誕生日の1か月後)の6か月前から更新手続きをする日まで 

5 必要書類

  高齢者講習通知書(高齢者講習等のご案内)・運転免許証

6 手数料

  講習料 4,650円 (小特免許のみの方 2,000円)

 

1 検査・講習内容・時間等

  認知機能検査と高齢者講習は別の日に行われます。

  【1日目】 認知機能検査 30分

   ○検査内容

    ・時間の見当識…日付時間等をお聞きします

    ・手がかり再生…絵(イラスト)を見た後、何が描かれていたかをお聞きします

    ・時計描画………時刻を指定して時計を描いていただきます

 

  【2日目】 高齢者講習(認知機能検査の結果に基づいて実施)

   ○講習内容

     座学・実車等 2時間または3時間 

     (小特免許のみの方は、座学等 1時間または2時間 ※実車はありません) 

2 検査・講習受講場所

  山形県内の各指定自動車教習所

  (指定自動車教習所一覧はこちらをご覧下さい。 PDFファイル 55KB

3 受講方法

  山形県公安委員会から送付される「高齢者講習通知書(高齢者講習等のご案内)」が届いたら希望する指定自動車教習所に電話し、認知機能検査の予約をしてください。

    ※通知書(ハガキ)を受けとったら、なるべく早く予約の電話をお願いします。

4 受講期間

  運転免許証の更新期間満了日(誕生日の1か月後)の6か月前から更新手続きをする日まで 

5 必要書類

  高齢者講習通知書兼認知機能検査通知書(高齢者講習等のご案内)・運転免許証

6 手数料

  認知機能検査料 650円

  講習料 2時間の方…4,650円(小特免許のみの方は2,000円)  

        3時間の方…7,550円(小特免許のみの方は4,300円)  

   ※認知機能検査の結果により講習時間、講習料が異なります。  

 

 ○ あらかじめ高齢者講習を受講しておかないと、運転免許証の更新はできません。

 ○ 受講後に交付される「高齢者講習終了証明書」等は、運転免許証の更新手続きの際に持参してください。

   また、紛失しないように大切に保管してください。

 ○ 教習所が混みあう時期(2月~3月、8月~9月)は、予約が取りにくいので、通知書を受けとられたら早めに

  教習所へ予約してください。

 ○ 運転免許証を更新しない場合は、講習等を受ける必要がありません。

 

 

 

  ※通知書(ハガキ)を受け取ったら、なるべく早く予約の電話をお願いします。

  ※高齢者講習は、認知機能検査終了後に仮予約をして、別の日に受講していただきます。

  次に該当する場合は、高齢者講習を受ける必要がありません。

  ただし、75歳以上の方は認知機能検査を受検してください。

 

    ○ 運転免許証の更新期間満了日(誕生日の1か月後)の6か月前から次の講習を受講された方

       1 特定任意高齢者講習(簡易)

       2 特定任意高齢者講習(シニア) 3 運転免許取得者教育(高齢者講習と同等なもの)

       (2、3の講習は山形県内では行っていません)

 

    ○ 特定任意高齢者講習(簡易)を受講するには

      特定任意高齢者講習(簡易)(講習料1,500円、講習時間1時間)を受講する前にチャレンジ講習を受講し合格する

      (チャレンジ講習受講結果確認書の交付)ことが必要です。

 

    ○ チャレンジ講習を受講するには

      75歳以上の方は、チャレンジ講習受講前に認知機能検査(講習予備検査)を受検し、その結果が「記憶力・判断力に

     心配がない」と判定された方のみ受講できます。

      チャレンジ講習(講習料2,650円)は、指定自動車教習所のコースにおいて、普通自動車を使用して実技講習を行い、

     加齢に伴って生じる身体機能の低下が運転に著しい影響を及ぼしているかどうかについて確認を受けるものです。

     影響を及ぼしていないと確認された方には「チャレンジ講習受講結果確認書」が交付されます。

 

   

 

 

    ○ 警察庁のページへ  講習予備検査(認知機能検査)の詳しい内容

    


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ