ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 運転免許課 > 運転免許関係手数料が改正されました

運転免許関係手数料が改正されました

山形県手数料条例の施行に伴い、運転免許関係の手数料が、平成29年3月12日から一部改正されました。

改正される手数料で主なものは、次のとおりです。

高齢者講習手数料(小特免許以外の第一種免許又は第二種免許保有のみ抜粋) 

運転免許証の有効期限が平成29年9月11日までの方 

  • 75歳未満高齢者講習 5,600円
  • 75歳以上高齢者講習 5,850円(認知機能検査手数料を含む)

※ 詳しくはこちらをご覧ください。

運転免許証の有効期限が平成29年9月12日以降の方

  • 75歳未満高齢者講習 4,650円
  • 認知機能検査手数料  650円
  • 75歳以上高齢者講習(合理化講習(2時間))手数料 4,650円
  • 75歳以上高齢者講習(高度化講習(3時間))手数料 7,550円

※ 詳しくはこちらをご覧ください。

一定の違反を行ったときに、臨時に認知機能検査を行い、その結果、直近前回の認知機能検査の結果と比較して程度が悪くなっている方

  • 75歳以上高齢者講習(臨時) 5,650円

 

準中型第一種免許試験手数料

  • 指定自動車教習所卒業 1,600円
  • 一般受験(試験車使用) 7,050円

※ 準中型免許については、「準中型免許新設」のページをご覧ください。

手数料

詳しくはこちらの資料(PDF:9KB)をご覧ください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報