ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 少年課 > インターネットには危険がいっぱい

インターネットには危険がいっぱい

 

被害の現状

  近年、スマートフォン等からコミュニティサイト等を利用して、児童が性犯罪等の被害に遭う事例が多発しており、平成28年中における被害児童数は全国 1,778人となっています。
  被害児童のコミュニティサイト(SNS、プロフィールサイト等)へのアクセス手段については、スマートフォン利用が86.9%を占めています。
  その一方で、被害児童の88.2%が被害時にフィルタリングを利用していませんでした。
グラフ画像201804
 
平成29年警察庁発行「少年からのシグナル」より引用
 

非行事例・被害事

 
 

メール相談窓口のアイコン
※このページの内容に関する問合せは、下記の「お問い合わせはこちら」からメール送信してください。
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報