ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 広報相談課 > 情報公開 > 山形県警察の情報公開制度

山形県警察の情報公開制度


情報公開制度は、山形県公安委員会又は山形県警察本部(以下「県警察」といいます。)が保有している情報を、皆さんからの求めに応じて、原則として公開していこうとする制度です。

どなたでも県警察が作成・取得した公文書を閲覧したり、その写しの交付を受けることができます。


情報公開窓口


県警察では、情報公開窓口を警察本部と各警察署に設置しています。

警察本部窓口では、郵送又はファクシミリでの請求も受け付けます。

警察署窓口では、当該警察署が保有する公文書について請求を受け付けます。


郵送又はファクシミリの場合の請求先

  • 〒990-8577 山形市松波二丁目8番1号 山形県警察本部広報相談課情報公開係
  • FAX 023-630-2959

請求の方法


公開文書開示請求書に氏名、住所、請求したい公文書の内容等の必要事項を記入し、情報公開窓口に提出していただきます。

請求書は警察本部、各警察署に用意してあります。また、下記よりダウンロードも可能です。


こちらです⇒公文書開示請求書【PDFファイル】30.5kB


開示請求に対する決定


原則として、開示請求を受け付けた日から15日以内に開示をするかしないかの決定をします。ただし、やむを得ない理由により、決定までの期間を延長するときがあります。


不開示情報


次のような個人情報については開示しない取扱いとしています。


種類 内容
法令秘情報 法令や他の条例の定めにより、開示することができないもの
個人に関する情報 特定の個人が識別される可能性のあるもの又は識別することはできないが、開示をすることにより個人の権利利益を害するおそれがあるもの
法人等に関する情報 開示すると、法人や事業を営む個人等の利益を害するおそれがあるもの
公共安全維持情報 開示すると、人の生命、身体等の保護や犯罪の予防、捜査その他公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがあると県警察が判断するもの
意思形成過程情報 内部の審議、検討等に関する情報で、開示すると、率直な意見交換又は意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれや審議、検討等に支障を及ぼすおそれがあるもの
行政執行情報 監査、検査、取締り等の事務・事業に関する情報で、開示すると、その事務・事業の適正な実施に支障を及ぼすおそれがあるもの
国等関係情報 国、他の地方公共団体等に関する情報で、開示すると、国等との適正な協力関係や信頼関係を損なうおそれがあるもの

手数料


公文書の閲覧は無料ですが、写しの交付を受ける場合は1枚につき10円をご負担いただきます。


山形県警察の情報公開に関する文書


 
 
 警察安全相談メールアイコン暗号化      警察安全相談メールアイコン非SSL

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ