ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 広報相談課 > 警察安全相談 > 詐欺被害防止広報 > 相談事例-未公開株、被害救済、社債、外国通貨

相談事例-未公開株、被害救済、社債、外国通貨

【未公開株】

 以前購入していた未公開株100万円分について、「富士証券」の社員を名乗る男から電話があり、「あなたの持っている株を105万円で売ってほしい。そのため、『C証券会社(実在の会社名)』から売却証明書を貰ってください。」などと言われた。そして、教えられた電話番号を「C証券会社」と信じて電話をかけ、対応した男性社員から「売却証明書を作成する手数料を振り込んでください。」、「詐欺保険に加入する必要があります。」などと言われたため、指定された口座に2回にわたり、合計32万円を振り込んだ。
その後もさらに「譲渡制限を解除するための費用が必要なので振り込んでください。」などと言われたため不審に思い、インターネットで「C証券会社」の電話番号を調べて電話をしたところ、対応した男性社員は在籍しておらず、騙されたことに気がついた。(2013.04.04)

 

詐欺の手口です!

 未公開株の被害回復を装い、買い取りに見せかけて手数料などをだまし取るケースが多く発生しています。
また、「未公開株」は店頭で取引されておらず、一般の方に購入を勧誘する行為自体が禁止されています。未公開株の購入に関する電話などがあった場合には、すぐに#9110へお電話ください。

 

未公開株

 9110アイコン3  

 

 

【投資被害の救済】

 数年前、「ワールドオーシャンファーム」を舞台としたエビ養殖事業への投資名目詐欺の被害者に対して「ワールドオーシャンファームの債権譲渡を仲介します。」などと書かれたA社からの封書と、債権購入に関するB社からの封書が届いた。
被害者が書類に記載された電話番号へ電話をかけると、A社の社員を名乗る男性から「B社の社債200万円を購入すれば、A社がワールドオーシャンファームの債権とともに、合計2,336万円で買い取ります。」などと言われたため、B社の口座へ200万円を振り込んだ。(2013.05.17)

 

◆詐欺の手口です!

 一度被害に遭った方をねらって、損失の回復するための投資話などをもちかける詐欺です。社債以外にも、未公開株の購入やロト6の当選番号情報など、様々な投資話があります。この様な電話や、パンフレットの送付があった場合には、すぐに#9110へお電話ください。

 被害回復名目

 9110アイコン3 

 

 

【社債】

 「株式会社アースエナジー」から、プラスチックリサイクル事業への投資を勧誘するパンフレットが届いた。その後男の声で電話があり、「社債券を買いたい人がいる。パンフレットに同封されていた申込書がないと買えない。」、「社債券は本人でないと買えないので代わりに買ってほしい。」などと言われ、指示されるまま、3回にわたり合計180万円を振り込んだ。
しかしその後、社債券は届いたものの買い取りはなく、男からも「取引がダメになった。」と電話があっただけで、それ以降は連絡が取れなくなった。(2013.05.31)

 

◆詐欺の手口です!

 事前にパンフレット等を送り、投資を持ちかけ、代わりに購入してほしいというのは「代理購入型」と呼ばれる詐欺です。このような電話やパンフレットの送付があった場合には、すぐに#9110へお電話ください。

 社債

 9110アイコン3 

 

 

【外国通貨】

 「(株)サンライフクレジット」という会社からパンフレットが届き、記載された電話番号へ電話をすると、「イラクディナールのご優待券は1枚4万円です。今はサービス期間中なので、4万円で2枚手に入ります。8月まで待つと15~20万円くらいになります。」等と外国通貨の購入を勧められた。
このことを家族に話したとこと、「怪しいからやめた方がいい。」と言われたため、警察に相談し、被害には遭わなかった。(2013.03.13)

 

◆詐欺の手口です!

 イラクディナール等、日本円に換金困難な外国通貨の購入を勧める詐欺です。他にも、アフガニスタンの「アフガ二」、「スーダンポンド」、「シリアポンド」等の日本円に換金困難な通貨についても同様ですので、このような電話があった場合には、すぐに#9110へお電話ください。

 外貨投資

 9110アイコン3 

 

 

 
 警察安全相談メールアイコン暗号化      警察安全相談メールアイコン非SSL

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報