ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 山形警察署 > 山形警察署協議会 > 平成29年度第3回山形警察署協議会

平成29年度第3回山形警察署協議会

 


平成29年度第3回 山形警察署協議会の開催

日 時

平成29年12月8日(金)午後3時50分から午後5時まで

場 所

山形警察署大会議室

出席者

協議会委員:14人

警察署:署長以下8人

議 題

最近の警備情勢について 警察業務全般について

 

 ・ 最近の警備情勢について  

委員からの意見等警察署の回答

 Jアラートが発表された際、住民としてできることはどんなことか。

 

  Jアラートが発動された場合は、屋外にいる場合は、近くの建物の中か地下に避難してください。近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。屋内にいる場合は、窓から離れるか、窓のない部屋に移動してください。

 

 これから年末にかけて、師走で気忙しくなり、夕方暗くなるのも早く道路状況も悪くなるので、更なる警戒をお願いしたい。

 現在、署員一丸となって、年末に多発傾向となる犯罪や交通事故を防止するため、金融機関やコンビニ店舗等への立ち寄り警戒、パトカーのレッド走行、繁華街でのパトロール、交通立哨、交通指導取締りを活発に展開するなど、街頭で警察官の姿がより目立つ取組を強化しています。また、雪の降り始めの時期は、特に交通事故が発生しやすいため、関係機関団体等と連携し、安全運転等を呼び掛けています。

 ・ 警察業務全般について

委員からの意見等警察署の回答

 山形市内においても年々空き家が増加傾向にあり、空き家に絡んだ犯罪等も発生してくるのではないかと危惧される。行政と連携した抑止対策が必要ではないか。 

 

  地域住民の方々の意見、要望を踏まえつつ、地域ボランティアの方と協働したパトロール活動のほか、行政機関と連携を図り、空き家の所有者に対し、防犯上の措置を促すなど、地域住民の不安を解消すべく諸活動を推進していきます。

 誰にも相談できず困っている子ども達のために、子ども達の悩み相談ダイヤルを今後も継続していただきたい。

 少年非行を防止すると共に、少年の健全育成に関する悩みごとや困りごとなどを解決するため、ヤングテレホンコーナーを設置して、電話や面接による少年相談を受理しているほか、電子メールによる少年相談も受理しています。少年相談の受理体制は、生活安全課の少年補導専門官のほか、警察安全相談担当者や交番、駐在所の警察官も受理しており、相談内容に応じて、適宜指導、助言を行うようにしています。

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報