ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 山形警察署 > 後部座席シートベルト義務化 > 後部座席でもシートベルトを着用しましょう

後部座席でもシートベルトを着用しましょう

後部座席のシートベルト着用義務化

みんなでシートベルトを着用しよう

道路交通法が一部改正され、平成20年6月1日から後部座席のシートベルト着用が義務化となりました。

運転者は、同乗者全員にシートベルトを装着させなければなりません。これに違反すると、違反点として行政処分の基礎点数が1点付加されます。(高速道路国道、自動車専用道路での違反に限る。)

山形県内の過去3年11ヶ月(平成17年1月~平成20年11月)の交通事故を分析すると、シートベルトを着用していなかったために車外に放り出された事故が28件発生しています。そのうち、死亡事故は20件あり、車外放出事故は死亡率が極めて高いことがわかります。死亡者数は22人で、運転席の車外放出が最も多く死亡者数は12人です。次に多いのは、助手席の後ろの席で5人死亡しており、そのうち2人はチャイルドシート非着用の子どもが亡くなっています。次いで、助手席の2人などとなっています。

エアバッグがあってもシートベルトを

エアバッグはシートベルトの補助拘束装置です。エアバッグが正しく作用するためには、シートベルトを正しく着用していることが前提となります。エアバッグの装備されている車でも、必ずシートベルトを着用しましょう。

車に乗ったら必ず全員シートベルトを着用しよう!

シートベルトはまさかの時の命綱

シートベルトは、まさかの時の命綱です。

シートベルトをしていないと、事故に遭ったときに、車外に放出されたり、車内で乗員同士が激しくぶつかり合い、同乗者を死に至らせる場合もあります。

またシートベルトを着用していないと、姿勢が悪くなり、事故を起こしやすくなります。運転席、助手席はもちろん、後部座席の人も正しい着用を習慣づけましょう。

幼児にはチャイルドシートを、児童にはジュニアシートを着用させましょう。

シートベルトの着用のしかた

シートベルトの締め方

シートベルトの着用は次の要領で、きちんと締めましょう。

  1. シートは倒さず、シートの境目におしりを押し込むように座る。
  2. バックルは、カチッと音がするまで、確実に差し込む。
  3. ベルトはねじらず、余分なたるみをなくす。
  4. 肩ベルトは、首にかからないように肩の中央に通す。
  5. 腰ベルトは、骨盤を巻くようにしっかりと締める。

シートベルトは、正しい運転姿勢で、正しく着用することが大切です。

幼児にはチャイルドシート
幼児にはチャイルドシートを

児童にはジュニアシート
児童にはジュニアシートを


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報