ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 上山警察署 > 上山警察署協議会 > 平成28年度第1回上山警察署協議会

平成28年度第1回上山警察署協議会


平成28年度第1回 上山警察署協議会の開催

日 時

平成28年6月1日(水)

  午後3時から午後4時45分までの間

場 所

協議:上山警察署会議室

出席者

委員    4人
警察署  8人

内 容

◎ テーマ『警察業務に対する意見・要望』(フリートーキング)

その他

 

委員からの意見等警察署の回答
賽銭ねらい事件の関連について

◎職業柄、賽銭泥棒は他人事とは思えない。賽銭盗難事件に関連し、2・3年前から山形市内の寺院では、本堂を解放せず、庫裏から出入りするように指導を受けたと聞くが、上山署ではどのような指導を考えているか。

○今のところ、具体的な指導は考えていません。

○山形市内の指導は、3年ほど前に庫裏から現金が盗まれた事件があったことからの指導と思われます。

◎旅行客の中には市内の寺院の本堂が施錠されないことに感激している人がいる。寺院の本堂が無施錠で自由に出入りできることで安全な街と感じているようだ。

○今回の被疑少年らは、深夜帯に賽銭箱ごと盗む手口で、やり始めてから楽しくて続けたなどと語っています。 

◎賽銭箱を壊されない対策として賽銭箱に施錠していない場合がある。賽銭箱を壊されたり、持ち出されたりしたほうが事後処理が大変になるとの考えのようだ。

○今回、被害に遭ったところは日中も夜間も無人のところで、工夫を凝らした対策がなされていましたが、結果的に持ち出され、投棄されています。

◎今回の被害はまつり直後とか、特別な時期だったのか。寺院や神社に注意喚起するチラシを配布するなども防犯対策ではないか。

○効果的な方法を検討して対応します。

◎今回の賽銭ねらいの現場の防犯対策はどのようだったのか。

○工夫した対策が取られていたようです。盗難防止では基本的には施錠すべきです。捕まるのを免れるため、短時間で現場を離れるため、手荒な手段で犯行したものと思われます。発生があれば、刑事広報として関係個所に対して広報します。

交通事故防止について 

◎横断歩道に設置されている横断旗の交換などの管理は警察か、交通安全協会のいずれか。信号機のない横断歩道付近に横断旗を備え付けることも大事な対策ではないか。

○県内の銀行の好意により県内各警察署を通じ、交通安全協会に配分されているもので、信号交差点を主に配置されています。通学路を中心に小学生の使用を想定して設置しています。 

◎横断旗が風に飛ばされ、交通の障害になっていることもある。 

○収納方法、収納時の安全を含めた検討も必要と考えます。 

◎新聞報道によると山形県民は横断歩道で止まらないとのことだが、取締りだけでなく、安全指導なども必要ではないか。 

○県民性もあると思いますが、歩行者の横断しようとする意思表示がはっきりしていないことも止まらない要因のひとつであると思います。

◎認知症の運転者による交通事故が起きているようだが、家族も周囲の人も認知症と気づいていても容認しているように思う。向精神薬を服用しての運転を規制するようになって、少しは安心しているところです。公共交通機関が十分でない地域では運転免許が必需品であり、なかなか手放せない事情もあるように感じる。  

○高齢者の免許返納が増えていると感じています。法律の変更や自治体支援があるためと思われますが、運転をやめる勇気を持ってもらうには周りの優しい目配りがあればいいと思います。地域柄、相互扶助の意識が高いものの、事故に遭った場合の問題もあり、難しい問題です。

◎県道でのあおり運転やふらつき運転をよく見かけるがどのような対応を取るべきか。

○危険運転車両ということで110番通報をお願いします。場合によっては大変危険な飲酒運転のおそれもあります。

◎交差点での出会い頭の事故が多いということであるが、運転者のマナーの問題であると思う。注意喚起の広報を行ってはどうか。若い女性が止まらずに交差点を進行することが多いように感じる。

 

○止まって見るのと動きながら見るのとでは、距離感覚が全く違うということを理解してもらう必要があります。取締りと教育・指導を両輪として対策をすすめていきます。事故現場での当事者の話は「むこう(相手)の車(速度)が早かった」というのがほとんどです。

◎交差点の中にはかなり手前に停止線が引かれたところもある。

○停止線で停止し、交差点に入り停止確認の上、進行することになります。委員の方には手本となるように実践していただきたい。

◎幼稚園や保育所の送迎で、チャイルドシートをしていない親を見かける。

○チャイルドシートの有効性の啓蒙活動を交通安全指導員と一緒にすすめたいと考えます。

県内では。シートベルト非着装での車外放出で中学生が死亡する事故も発生しています。

その他

◎以前に改善意見として出された署前駐車場の出入りの際の見通しが、植栽の剪定によりだいぶ改善された。

○会計課で道路管理者と協議をすすめ、今年度に入って、植栽の手入れを行いました。

 

◎白バイ競技大会について興味があるが、一般に公開されているのか、調べる方法なないか。

○警察のホームページにある程度公開しています。昨年の協議会では本県の白バイ隊員が久しぶりに上位入賞を果たしています

   


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2016-07-20

関連情報