ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 上山警察署 > 交通事故発生状況 > 管内の交通事故発生状況(平成29年12月末現在)

管内の交通事故発生状況(平成29年12月末現在)

交通事故発生状況(平成29年12月末現在)

 12月末の概数値です。

件数など詳細は、こちらから (pdf 90kb)

事故発生箇所など詳細は、こちらから (pdf 269kb)

 

 

     カモンくん2カモンくん1 

冬道の交通事故が連続的に発生しています

   今冬は、最強寒波の襲来やブロック高気圧・南岸低気圧の停滞などから厳しい冬になっています。
   降雪、凍結路面では、『冬道の安全運転5則』を守り、交通事故防止に努めましょう。
    『冬道の安全運転5則』は、
     ① スピードは夏場より10キロ以上減速する。
     ② 車間距離は路面乾燥時の2倍以上とする。
     ③ 急加速、急ブレーキ、急ハンドル等急激な操作を避ける。
     ④ 視界不良時は、前方をよく見て早めに徐行する。
     ⑤ 危険がいっぱい。追越しはしない。   
 の5項目です。
   車両の運転手さんは、前照灯のハイビームを積極的に活用し、横断歩行者の早期発見・保護に努め、
 事故防止にも配意しましょう。 

横断歩行者保護について

   歩行者は、車が来る方を見て、手を挙げて運転手に合図!
   ~歩行者の道路横断~
    1 車が来る方を見て手をあげて合図
    2 車が確実に止まってから横断開始
    3 車が来る方を見て横断
   ~自動車の運転者は...~
    横断しようとする歩行者がいたら、必ず止まり、手で横断を促してあげましょう。
 ☆ 『歩行者に 日本一 やさしい山形県』の実現を   

前をよく見て運転に集中しましょう!

   ほとんどの交通事故は、
    適度な緊張感で
    前方に注意を
  向けていれば、防ぐことができます。   
 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2018-01-25

関連情報