ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 尾花沢警察署 > 管内の駐在所

管内の駐在所

 

管内の警察署・駐在所マップ

管内マップ

管内の駐在所受持地域一覧 

駐在所名

所在地

電話番号

担当地域

大石田駐在所

〒999-4112
北村山郡大石田町緑町9-3
(0237)
35-2223
大石田町

芦沢駐在所

〒999-4554
尾花沢市大字芦沢1027-25
(0237)
25-2043
尾花沢市のうち、芦沢、毒沢、南沢、野黒沢、名木沢、寺内(一部)

宮沢駐在所

〒999-4205
尾花沢市大字押切1003
(0237)
22-0409
尾花沢市のうち、正厳、丹生、押切、中島、行沢、高橋、富山、市野々、岩谷沢

玉野駐在所

〒999-4337
尾花沢市大字鶴巻田451-10
(0237)
28-2119
尾花沢市のうち、鶴巻田、母袋、原田、北郷、二藤袋の一部、上柳渡戸、下柳渡戸、銀山新畑、上ノ畑

常盤駐在所

〒999-4441
尾花沢市大字延沢785-3
(0237)
28-2129
尾花沢市のうち、延沢、畑沢、細野、六沢、鶴子

※ 上記以外の尾花沢市の地域の受持は尾花沢警察署本署となります。

各駐在所紹介

大石田駐在所

大石田駐在所

所在地:北村山郡大石田町緑町9-3

電話番号:0237-35-2223

受持地域:大石田町

※警察官3名が勤務

大石田駐在所管内の名所

 
最上川

 ~ 最上川 ~
 松尾芭蕉は大石田で「五月雨を集めて涼し最上川と詠んでいます(後に芭蕉は紀行文の中で「集めて涼し」「集めて早し」と改めている)。また、アララギ派の歌人斎藤茂吉は昭和21年2月から22年11月まで大石田に居住し「最上川逆白波のたつまでに ふぶくゆうべとなりにけるかも」などの短歌を残しています。

大石田船番所

 ~ 最上川舟役所跡 ~

 室町時代の頃から始まったと言われる大石田河岸は、元禄の頃に最も賑わい最上川舟運の中心となり、寛政4年(1792年)に幕府の舟役所が置かれました。

 芦沢駐在所

芦沢駐在所

所在地:尾花沢市大字芦沢1027-25

電話番号:0237-25-2043

受持地域:尾花沢市のうち、芦沢、毒沢、南沢、野黒沢、名木沢、寺内(一部)


芦沢駐在所管内の名所
 

スイカ畑(芦沢)

 ~ スイカ畑 ~

 尾花沢市、大石田町はスイカの名産地で、夏のスイカの生産量は山形県が全国でもトップクラスとなっています。

尾花沢新庄道路

 ~ 尾花沢新庄道路 ~

 現在、尾花沢新庄道路(自動車専用道路)は、尾花沢市野黒沢から新庄市までの14.2㎞が無料供用されており、地域交通の重要な路線となっています。

宮沢駐在所

宮沢駐在所

所在地:尾花沢市大字押切1003

電話番号:0237-22-0409

受持地域:尾花沢市のうち、正厳、丹生、押切、中島、行沢、高橋、富山、市野々、岩谷沢


宮沢駐在所管内の名所

奥の細道

 ~ 奥の細道・山刀伐峠(なたぎりとうげ) ~

 松尾芭蕉は、元禄2年(1689年)5月17日(陽暦7月3日)、屈強な若者の案内で、森々と木立が生い茂り、鳥の鳴き声一つ聞こえないこの山刀伐峠を越えて尾花沢に入りました。

翁山

 ~ 翁山(おきなさん) ~

 翁山(標高1075m)は、出羽三山と並び東の三山として信仰された山の一つで、周辺の湖沼には天然記念物に指定されている鉄魚も生息しています。

玉野駐在所

玉野駐在所

所在地:尾花沢市大字鶴巻田451-10

電話番号:0237-28-2119

受持地域:尾花沢市のうち、鶴巻田、母袋、原田、北郷、二藤袋の一部、上柳渡戸、下柳渡戸、銀山新畑、上ノ畑


玉野駐在所管内の名所

銀山温泉

 ~ 銀山温泉 ~

 銀山温泉は銀山川の両側に木造三層・四層の旅館が軒を連ねており、大正浪漫の風情があふれています。

白銀の滝

 ~ 白銀の滝 ~

 旅館街奥には高さ22mの白銀の滝があり、ここから上流に続く渓谷の美しさに感動した斎藤茂吉が歌を残しています。

常盤駐在所

常盤駐在所

所在地:尾花沢市大字延沢785-3

電話番号:0237-28-2129

受持地域:尾花沢市のうち、延沢、畑沢、細野、六沢、鶴子


常盤駐在所管内の名所

鶴子ダムの写真

 ~ 新鶴子ダム ~
 新鶴子ダムは1990年、尾花沢市最上川水系丹生川に建設された高さ96mのロックフィルダムで水田への農業用水補充及び水力発電を目的として建設された日本最大級の農林水産省直轄ダムです。ダム湖は平成に入ってすぐに完成したため「平成湖(へいせいのみずうみ)」と命名されています。

御所山

 ~ 御所山 ~

 新鶴子ダムの奥には、宮城、山形両県にまたがり、奥羽山脈のほぼ中央にそびえる御所山(船形山)があります。標高1,500mで、たおやかで堂々とした山容は多くの登山客に親しまれています。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • H21.6.2:管内の駐在所を更新

関連情報