ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 新庄警察署 > 署の沿革

署の沿革

新庄警察署の沿革

○ 明治10年07月 尾花沢警察署新庄分室と同向町分署を統合して設置され、

   翌明治11年12月、最上郡新庄町大字十日町230番地に木造2階建ての庁舎を新築

○ 昭和23年03月  警察法施行に伴い、国家地方警察新庄地区警察署、自治体警察新庄市警察署、同金山警察署の三署に分割

○ 昭和26年09月 金山警察署が廃止され、新庄地区警察署に統合

○ 昭和29年07月 警察法の全面改正により、国家地方警察と自治体警察が廃止され新庄警察署として統合

○ 昭和44年03月 新庄市五日町589番地に移転し、鉄筋コンクリート造3階建を新築、以後この場所が新庄警察署の所在

○ 昭和58年10月 鉄筋コンクリート2階建が増築

○ 平成14年03月 住居表示に関する規定により、新庄市新町5番19号に住居表示

○ 平成20年9月 庁舎耐震改修工事

旧庁舎写真現庁舎写真

昭和34年

旧庁舎

平成26年

警察署写真

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報