ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 米沢警察署 > 米沢警察署協議会 > 平成29年度第1回米沢警察署協議会の開催状況

平成29年度第1回米沢警察署協議会の開催状況


平成29年度第1回 米沢警察署協議会の開催

日 時平成29年6月30日(金) 15時から17時15分
場 所米沢警察署1階講堂
出席者米沢警察署協議会委員   会長以下10名
米沢警察署員         署長以下12名
 
議 題 警察署協議会制度及び警察業務・米沢警察署概要説明
委員からの意見等警察署の回答

  米沢警察署管内でインターネット関連によるいじめや少年が巻き込まれる事件は発生しているのでしょうか。

 また、それに対する防犯対策、少年や保護者への啓発などの対応は行っていますか。

 管内においてインターネットによるいじめや事件は確認されていません。

 少年補導専門員等が、管内の小・中・高校において、SNSや出会い系サイトの恐ろしさ等について講話をしているほか、保護者と共通認識を持つために、保護者を交えての講話も実施しています。

  昨年、米沢警察署で自動車運転免許証を返納した高齢者は何人ですか。

 高齢者のブレーキ踏み間違いによる交通事故等が多発している状況であり、バスやタクシー券などの返納者に対するサポート事業の充実も重要ではありますが、もっと危険性をPRして返納を促す対策を強化した方が良いのではないでしょうか。 

  平成28年中に当署で取り扱った自主返納件数は229件で、自主返納件数は増えています。

 今後も交通安全ゆとり号を利用して、判断能力、瞬発力等が衰えている方々には、自覚してもらい返納を促すなどしてきたいと考えています。

 小学生による万引きが発生していると聞きましたが、少年による万引きの発生状況について教えてください。

 米沢警察署管内の少年による万引きの発生状況は、5月末時点で、高校生1件、中学生2件、高校生1件の合計4件発生しており、昨年と同数になっています。

 高校生1名以外の3名は14歳未満の触法少年であり、その点では、低年齢化しているといえますが、少年補導員の皆様のパトロール活動のおかげで、発生件数を低く抑えることができています。

  直近データで米沢警察署管内の犯罪・交通事故発生状況を前年同期比で教えてください。

(犯罪)

 県内及び当署とも認知件数は減少し、検挙件数、検挙率は飛躍的に向上しており、6月29日時点で、刑法犯認知件数171件に対し検挙件数は177件、検挙率は103%となっています。

 検挙率が100%を超えているのは、当署管内で発生した全ての事件を解決しているというわけではなく、逮捕した犯人が他県で犯行した余罪事件を解決したものが含まれているためです。

(交通事故)

 死亡事故が1件発生し、昨年比+1件となっていますが、交通事故の発生件数及び負傷者数ともに減少しています。

 当署管内における最近の交通事故の特徴として

   国道121号線

   夜間6、7、8時の時間帯

   正面衝突

の事故が多いことが挙げられます。

 今後、夏型事故が多発することが予想されますので街頭活動を強化し交通事故を抑止していきたいと思っています。

  暴力団の山口組の抗争事件が全国で発生していますが、山形県内で発生する可能性はありますか。

  山形県内においては山口組関係の暴力団組織は把握されていませんが、空白地であるからこそ、勢力拡大のため山形県内に入り込んでくる可能性がありますので、警戒、情報収集活動をしています。

 昨年、交通事故で息子さんを亡くされたお母さんによる講演会が開催され、拝聴しました。

 この様な講演は、被害者、加害者にならないためにも有意義なことですが、主催者は警察でしょうか。

 また、本年も、置賜地区で開催される予定はありますか。

  犯罪被害者やそのご家族が、中学生や高校生に自らの体験を語る中で命の尊さなどを伝えることにより、社会全体で被害者を支え、被害者も加害者も出さない街づくりを進めるため「命の大切さを学ぶ教室」ということで山形県人権啓発活動ネットワーク協議会とやまがた被害者支援センターの協力を得て学校と管轄警察署が共催している講演会です。

 本年、置賜地区では

   県立米沢興譲館高校(10月5日)

   米沢市立第五中学校(12月1日)

での開催が予定されていますので、是非、ご参加ください。

 通学路の交通危険箇所や交差点(信号)について点検は実施していますか。

 また夜間点滅信号の検討として、事故が多発している交差点は点滅を無くしてはどうでしょうか。

 通学路については、学校・道路管理者・その他関係機関とともに「通学路合同点検」を実施し安全対策に取り組んでいます。

 夜間点滅信号については、その運用により事故のおそれが高い箇所などは個別に検討し、適宜見直しを行っておりますが、具体的に気になる箇所があればお知らせください。

 米沢市内でも警察官を騙る不審電話があったと聞いていますが、特殊詐欺の発生状況はどうなっていますか。 

 特殊詐欺の前兆事案と思われる不審電話について、管内においても警察官を騙る不審電話が発生しています。

 県内の5月末の特殊詐欺認知件数は24件(-5件)、管内は3件(+2件)です。

 当署管内では、融資保証金詐欺事件で約451万円の被害を認知しています。

 本年度は、アマゾンギフト券といった電子マネーによる支払いでの架空請求詐欺事件が増加している状況です。   

その他

         協議会1    協議会2

 

                                       (会議の開催状況)

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報