ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 米沢警察署 > 米沢警察署協議会 > 平成26年度第2回米沢警察署協議会の開催状況

平成26年度第2回米沢警察署協議会の開催状況


平成26年度第2回 米沢警察署協議会の開催

日 時 平成26年9月19日(金) 午後2時30分から午後5時
場 所 米沢警察署 1階講堂及び道場
出席者 協議会委員 会長以下9名
米沢警察署 署長以下7名
 
議 題 協議 「交通事故防止について」  視察「柔道・剣道夏期特別訓練納会」
委員からの意見等 警察署の回答

 全国的に警察官の大幅な増員が予定されているようだが、来年度からの具体的な増員の数を教えていただきたい。

 本年8月26日、総務省と警察庁は、都道府県警察の警察官を来年度から3年間で、 3,000人増やすことで合意しております。その3,000人の内訳は、2,000人程度をストーカー被害者の相談や保護対策に、1,000人程度を特殊詐欺対策等に振り向けることを見込んでおり、この増員は2020年のオリンピック、パラリンピックの警備強化に繋がるとしています。
 具体的な各県の増員数については、まだ示されていない状況です。

 米沢警察署管内における、高齢者による万引きの現状等についてはどうか。

 警察が認知した万引きの件数は全体的に減少傾向にあり、県内でも検挙されている高齢者の割合は過去5年間では減少傾向にあります。

 一方、米沢警察署管内で検挙されている高齢者の人数は横ばい状態です。また、万引きをした原因、動機については、利欲目的、経済的困窮等の理由が多く見られます。

 飲酒運転の現状と取組について伺いたい。

 当署管内における飲酒運転の検挙件数は、昨日(9月18日)現在19件であり、前年と比較して19件減少しております。また、飲酒運転による人身交通事故は、昨日まで1件のみであり、前年と比較して5件減少しています。

 飲酒運転防止の取組については、米沢市中央飲食店街等における検問を恒常的に実施しております。広報活動としては安全協会等交通関係団体と連携しながら様々な街頭啓発活動を実施して飲酒運転防止を呼び掛けています。こうした活動により、飲酒運転が減少していると考えております。

 米沢警察署管内で、自転車の飲酒運転検挙はあるのか。

 当署管内における自転車の飲酒運転検挙はありません。山形県内でも検挙はない状況です。

 

 現在、軽自動車が大型化し、かなりの割合を占めているようだが、交通事故の件数について普通自動車と軽自動車とではどちらの割合が多いのか。

 

 以前は普通自動車の交通事故の割合が多かったのですが、軽自動車が普及し、現在は同じぐらいの件数となっております。

 最近は、夕暮れも早くなってきたため、運転手の立場からだけではなく、歩行者が自動車を認識できるように、自動車の早めのライト点灯を呼び掛けてほしい。

 交通広報等街頭活動の際に、ドライバーに早めのライト点灯を呼び掛けており、今後ともこの対策を推進していきます。

 速度違反取締りは、どのような方法で実施しているのか。

 当署管内では、レーダー取締りを中心に実施しております。

 その他の取締り方法としては、白バイやパトカーによる取締りと写真撮影を行うオービス等による方法があります。

その他

 

 H26第2回警察協議会      H26第2回警察協議会視察の様子

 

 
 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報