ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 小国警察署 > 小国警察署協議会 > 平成30年度第1回小国警察署協議会

平成30年度第1回小国警察署協議会


平成30年度 第1回 小国警察署協議会の開催

日 時

平成30年5月31日(木) 午後3時40分から午後4時50分まで

場 所

小国警察署 会議室

出席者
 協議会委員:会長以下5人
 小国警察署:署長以下6人

 

議 題

 

1 管内の治安概況について

2 警察に対する意見、要望等について

その他

視察:逮捕術訓練

 

委員からの意見等警察署の回答

  春から夏季は窃盗犯罪が増えることが懸念される。

 小国町民は防犯意識が薄いと感じるので、不安がある。

  抑止対策を一つ一つ考えながら取り組んでいきます。

 また、重大事案などが発生した際に対処できるよう、訓練を実施していきたい

 当署では「職務質問リーダー」を指定して、攻めの検挙対策を進めております。

 職務質問を積極的に実施し、小さい犯罪から取締りを行い、防犯に繋げていきたいと考えております。

  山菜採りシーズンとなり、山菜を狙った窃盗が発生している。

 一番効果的なのは現行犯で検挙することだと思うので、今後も検挙活動をよろしくお願いしたい。

 今後も、能動的に検挙活動を推進していきます。 

  全国的に高齢者の交通事故が増加している。

 高齢者の事故防止対策を進めていただきたい。

 自動車運転免許証の自主返納を町役場と連携して進めています。例えばバス代を無料にする施策などです。

 また、交通安全ゆとり号を活用しての交通安全教育を進めています。

 全国的には90歳のドライバーによる死亡事故も発生しており、自主返納や交通指導取締りを推進していきます

  交差点において、一時停止をしない自転車が散見され、危険だ。

 自転車に対する取締りを強化していただきたい。

 自転車も車両ですので、しっかりと一時停止をするように、自転車警告カードなどを活用して指導・取締りをしていきます。

 

  夜間、県外ナンバー車両が国道113号を高速走行、無理な追越し等危険な走行をしている。

 赤色灯付きの看板等を危険なポイントに設置してはどうか。

 

 小国町内をウォーキングする人が増えているが、暗い服装のため危険を感じる。

 広報、指導をしていただきたい。

  道路管理者に対する看板等設置の働き掛け、はみ出し禁止違反の取締りを実施していきます。

 また、以前作成した「はみ出し禁止」ステッカーの再作成や夜行反射材の配布、ミニ広報紙での交通広報も推進しているところです。

 死亡事故のあった子子見トンネルや朝篠トンネル西方の(松岡地内)右カーブの現場点検を実施しています。

 国道113号において看板表示等の少ない所があれば、ぜひ要望してください。

 町民被害がないように、改善していきたいと思います。

  交通取締りをしているパトカーをよく見かけるが、1人乗車のパトカーも多い。受傷事故の観点から、警察官1人でも大丈夫だろうか。

 危険な業務であることは分かるが、警察官にも家族がいるでしょうから、怪我や事故には十分気を付けていただきたい。

ありがとうございます

 駐在所勤務員が交通取締りを行う際には、1人になることも多々あります。

 幹線道路での交通取締りや職務質問時は、安全な場所に移動することや装備資機材を活用することを指導しています。

  小国町内で、災害情報モニターの委員が委嘱されたと聞いたが、我々一般人でも災害に関する情報提供はできるか。 

 大分県の土砂災害を受けて、本年16名の災害情報モニターの委員を増員しました。

 モニターには「自宅から見える範囲で」とお願いしています。

 モニター以外の方でも、災害の予兆等に気が付いた時は、遠慮なく直接警察に通報していただきたいです

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報