ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 小国警察署 > 小国警察署広報 > 小国警察署広報1月号

小国警察署広報1月号

小国警察署広報1月号獅子舞

 

 

今月のひと言 小国警察署長より~鈴木署長
  

 

 

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年中は、小国警察署における活動全般にわたり、深い御理解と御協力を賜りまして誠にありがとうございました。

 昨年中における管内の治安情勢ですが、事件・事故の発生が増加し、とりわけ国道113号上における重大な交通事故が多く発生し、3名の方が尊い命を失っております。

 これらのことを踏まえ、当署では国道を重点とした交通事故防止対策を継続するとともに、犯罪被害に遭わないための活動を強化していくこととしております。

 そして、今年も

    「安全で安心な小国町の実現」

に向けて署員一丸となり警察活動に取り組んで参りますので、これまでと変わらぬ御理解と御協力を賜りますようお願い致します。

 今月号は、

    ○ 110番の日について

    ○ 冬期間のスリップ事故防止について

の情報を発信させていただきます。

 

1月10日は110番の日

 1月10日は、「110番の日」です。

 110番通報は、県内からであれば、どこからかけてもすべて山形県警察本部の通信指令課へつながります。

 

 携帯電話からも110番通報をすることが出来ます!! 

 

 「110番の日」のイベントを開催します!! 

 

日時 1月8日(月) 10:00から

場所 ショッピングセンターアスモ

 

☆★☆★是非お越しください☆★☆★

 

  事件・事故は 110番(緊急通報ダイヤル)

 

  各種相談は  ♯9110(警察相談専用電話)又は

 

  小国警察署  62-0110、お近くの駐在所まで

 

 

 パトカー

冬期間のスリップ事故防止!橋の上スリップ

 ★冬期間におけるスリップ事故の特徴★

(H24~H28の12月~3月のスリップ事故の分析結果)

 

◎事故の状況◎

 スリップ事故では

   追突事故(55%)、自損事故(13%)、正面衝突(12%)

の発生割合が高いです。

 

◎発生時間◎

 午前7時~午前8時、午後5時~午後6時の時間帯によく発生しています。

 

◎路面の状況◎

 スリップ事故が発生した際の路面状況は

    圧雪路面(56%)、ブラックアイス(42%)

の割合が高いです。

 

◎事故要因◎

 スリップ事故の要因では

    凍結に気付かなかった(28%)、ブレーキの操作不適(25%)

が高い割合を占めています。

 

 

冬道での交通事故を防ぐために、冬道の安全運転5則を守りましょう!!

 

☆冬道の安全運転5則☆

 

     ①スピードは夏場より10キロ以上減速する

 

     ②車間距離は路面乾燥時の2倍以上とする

 

     ③急加速、急ブレーキ、急ハンドルなど急激な操作を避ける

 

     ④視界不良時は、前方をよく見て早めに徐行する

 

     ⑤危険がいっぱい、追い越しはしない

 

 

 

車間距離

 

 


 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報