ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 小国警察署 > 小国警察署広報 > 小国警察署広報10月号

小国警察署広報10月号

小国警察署広報10月号マツタケ

 

 

今月のひと言 小国警察署長より~鈴木署長
  

去る9月21日、小国町役場町民広場において「平成29年度町民交通安全大会・秋の交通安全県民運動出発式」が行われました。

 本大会は、小国町交通安全推進協議会の主催で行われたものですが、皆様には「交通事故のない明るい小国町の実現」のため引き続き御協力を賜りますよう、よろしくお願い致します。

 今後、日没も早まり、夕方には、それまで見えていた物が見えなかったり、見えても発見が遅れたりしての交通事故が心配されます。

 警察では、交通指導取締り・パトカーの赤色灯を点灯させた警戒活動・登下校時間帯における街頭立哨を継続して参りますが、ドライバーの皆さんは、これまで通り、運転に集中して安全運転を徹底して貰うほか、夕暮れ時における「早め点灯」により歩行者の早期発見と危険回避に努めていただくようにお願い致します。

 また、歩行者の皆さんは、道路を横断する際の確実な安全確認や夕方以降の外出時には「夜光反射材」を身に付けたり、照明具を活用してドライバーに自分の存在を早期に知らせることで安全を確保していただくようにお願い致します。

 今月号は、

   ○「夕暮れ時における交通事故防止」について、

     ○ 性犯罪被害相談電話について 

の情報を発信させていただきます。

 

 

性犯罪被害相談電話
   全国共通ダイヤルができました

 

平成29年8月3日より性犯罪被害電話全国共通ダイヤル

      シャープ

  「♯8103(ハートさん)」

が運用開始されています。

 

○この番号にダイヤルすると、発信場所を管轄する都道府県警察の性犯罪被害相談電話につながります。

○山形県では、平日の日中は警察本部広報相談課設置の女性専用相談電話に繋がり、土日、祝日及び夜間は県警本部員が対応しています。

 婦警さん

 

 

夕暮れ時の交通事故防止

 

 

 秋になると日没が徐々に早まり、例年視界が悪くなる夕暮れ時は多くの事故が発生しています。事故を防止するために次のことに気を付けましょう。

 

☆歩行者のポイント☆

 ◎夜光反射材の着用!

  夜光反射材は運転手に自分の存在を知らせるのに有効です。

  夕方以降の外出時は必ず着用しましょう。

自転車

 

 

 ◎横断歩道を横断する際は運転手に合図!

  車が来る方向を見て、手を挙げて運転手へ自分の存在を認識させましょう。

横断歩道

 

 

☆運転手のポイント☆

  ◎ヘッドライトの早めの点灯

   ドライバーは歩行者を早く発見することが重要です。

   薄暗くなったら早めにヘッドライトを点灯し、こまめな

  切り替えによるハイビームを積極的に活用しましょう。 

 

  ◎横断歩道は歩行者が絶対優先

   横断歩道を横断しようとしている歩行者がいる際は、必

  ず一時停止し横断を促しましょう。

 

 

 

 

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報