ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 鶴岡警察署 > お知らせ > 鵜野レイナ先生を招いた署員教養を行いました

鵜野レイナ先生を招いた署員教養を行いました

平成29年6月20日(火)、当署に慶応義塾大学先端生命科学研究所の鵜野レイナ先生をお招きし、署員教養を行いました。

熊の生態研究の第一人者である鵜野先生は、ツキノワグマによる人身事故防止対策について、数々の事例を交えながらご講話されました。

先生のお話の中で、市民の皆様にもぜひ知っていただきたい点をご紹介します。

 

★ 山、川、堰に注意(熊は、川や堰を伝い、山から里へ下りてきます。安易に山に入り、川や堰の周辺を歩くのは危険です。)

★ ヤブに注意(ヤブの中に同化した熊は、姿が分かりづらい。草刈りを徹底しましょう。)  

★ 柿、栗、スイカ、メロン、ミツバチの巣に注意(熊は果樹や蜂蜜が大好き。美味しい味を覚えてしまうと何度もやって来ます。) 

★ 熊鈴は決して万能ではない(効果がある熊と、効果がない熊がいる。) 

 

 近年では、山里だけでなく、市街地でも目撃されている熊。

初夏から秋にかけて、当署管内でも多く出没しますのでご注意願います。 

 

 

 

熊との共存講話


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報