ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 酒田警察署 > 酒田警察署協議会 > 平成28年度 第3回酒田警察署協議会

平成28年度 第3回酒田警察署協議会

平成28年度 第3回 酒田警察署協議会の開催

日 時

平成28年11月30日(木) 午後2時15分から午後4時までの間

場 所

酒田警察署会議室

出席者
   協議会委員     会長 以下   9名(協議会委員名簿)
    警 察 署           署長 以下15
議 題

高齢者を守る活動について

 ア 高齢者を中心とした特殊詐欺被害防止対策について

 イ 高齢運転者、高齢交通弱者への交通事故防止対策について

会長挨拶

  第3回酒田警察署協議会が実りのある会となりますように祈念し警察署協議会を開催します。よろしくお願いします。

署長挨拶

 本日は、お忙しい中、警察署協議会に出席いただきありがとうございます。

 協議課題であります「高齢者を守る活動」について、委員の皆様方から忌憚のない御意見、御提言を賜りますようお願い申し上げます。

議題 高齢者を守る活動について
委員からの意見等警察署の回答
ア 高齢者を中心とした特殊詐欺被害防止対策について

 特殊詐欺の被害防止についてテレビや回覧板等で広報されているが、被害に遭う人は後をたたない。だます方が巧妙になっていることが原因と考える。

 いろいろな機会を利用し、更に広報活動に力を入れる必要があるのではないか。

 また、非通知で架かってくる電話への対策も必要ではないか。 

 「自分は大丈夫」と思っている人でも被害に遭っていますので、危険性がしっかり伝わる広報が必要と考えています。

 特殊詐欺被害を未然に防止するため、電話番号非通知で架かってくる電話への対策として、ナンバーディスプレイ対応電話機の設置、留守番電話設定の活用を呼び掛けるとともに、各市町村や警察署で、警告メッセージ付通話録音機の貸出しも推進しています。

 今後も、継続した広報、官民が一体となった対策が必要ですので、一層の御支援、御協力をお願いします。

 コミュニティーセンターや自治会館など、高齢者が集まるところに出向き、様々な機会を利用して特殊詐欺被害防止の広報を行っていただきたい。

 自主防犯活動に関する講話や出前講座等あらゆる機会を捉えて高齢者向けの特殊詐欺被害防止広報を行っていますが、これからも、継続した被害防止広報を行います。

 特殊詐欺被害防止には、家族や友人、地域の方の協力が必要だと考える。

 やまがた110(いちいちまる)ネットワークによる情報提供は有効なので加入を促進して、多くの人に情報を配信していただきたい。

 やまがた110(いちいちまる)ネットワークは、不審者や特殊詐欺、行方不明者などの地域住民が必要とする各種防犯に有効な情報を提供するサービスです。

 管内では、行方不明者情報を受けた学生が小学生を発見保護した事例もあり、効果も上がっています。

 あらゆる機会を捉え、登録促進を呼び掛けます。

イ 高齢運転者、高齢交通弱者への交通事故防止対策について

 高齢者の運転免許更新時に認知症の検査なども行われているが、アクセルとブレーキの踏み間違いによると思われる事故が発生し、今や社会問題になっている。運転免許の講習等の見直しが必要ではないか。

 道路交通法の一部改正により平成29年3月12日から高齢者の講習制度が変わります。

 70歳以上75歳未満の方は、講習内容の合理化を図り、これまでの3時間講習から2時間講習となります。

 75歳以上の方は、認知機能検査と高齢者講習が2日間で実施され、認知機能検査の結果により講習時間数が決まることとなります。

 また、一定の違反をした場合、認知機能が低下していないか検査を行う制度も開始され、運転不適格者のチェックが強化されます。

 

 高齢運転者の運転免許証返納と言っても、都市部と比べ、酒田市や遊佐町では、自動車が無いと生活が難しくなるのが現状である。運転免許証を返納しても不便の無いように考えることが必要である。

 運転免許証返納者への補助事業は、市町村単位での事業となっていることから、自治体に対し補助事業の継続と拡大を働き掛けていきたいと考えています。

 また、自治体、バス・タクシー事業所などで構成される地域公共交通会議において、福祉バスやオンデマンドバスの運行を協議しており、今後も運転免許証返納後の交通手段の確保についても提言してまいりたいと考えております。

 夜光反射材を身に付けることが、自分を守り、第三者へ注意を促すことになるので、幅広い層への着用を呼び掛けるべきではないか。夜光反射材の使用を習慣付けるために、着用したくなるようなデザイン性の高いもので展開してもらいたい。

 夜光反射材は、自分の存在を他者に知らせるのに非常に効果があるので、幅広い層へ着用の呼び掛けを推進します。

 また、靴のかかとに貼付できる目立たない反射材シールやキーホルダーのほか、帽子やたすきなどもありますので、あらゆる機会を通じて着用を呼び掛けます。

      協  議  状  況              

281130協議会1        281130協議会2

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報