ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 酒田警察署 > 酒田警察署協議会 > 平成28年度 第1回酒田警察署協議会

平成28年度 第1回酒田警察署協議会

平成28年度 第1回 酒田警察署協議会の開催

日 時

平成28年5月24日(火) 午後3時から午後430分までの間

場 所

酒田警察署会議室

出席者
   協議会委員     会長 以下10名(協議会委員名簿)
    警 察 署           署長 以下13
議 題

1 大規模災害、大規模警備等に備えた対策について

2 警察業務全般に関する意見、要望等について

会長挨拶

  今年の酒田まつりも終わり、大勢の人出がありました。また、今月には、伊勢志摩サミットの開催、秋には酒田市を式典会場とする全国豊かな海づくり大会が開催されるなど、大きなイベントが控えております。今後とも、市民・町民の安全安心のため、大いに力を尽くしてまいります。

署長挨拶  第36回全国豊かな海づくり大会が酒田市を式典会場として予定されており、万全な警備体制で臨みたいと思っております。市民・町民の期待と信頼に応える警察署運営に努めてまいりたいと考えておりますが、警察のみでは目的を達成することは困難であり、引き続き御支援をお願いいたします。
議題 1 大規模災害、大規模警備等に備えた対策について
委員からの意見等警察署の回答

 沿岸部の浸水域や活断層等について県から説明を受けているが、住民に危機感が伝わっていない。関係機関と連携して諸対策について広報し、周知する必要があると思う。また、公共団体や企業等での質の高い訓練が必要だと考える。 

 当署では、防災出前講座等を実施し、地域住民の方に、災害への備え等について広報を行っているところであるが、関係機関との一層の情報共有など、緊密な連携を図りながら、広報活動の強化に努めてまいります。

 また、県等が主体となり、関係機関や地域住民と連携した大規模災害訓練が予定されています。当署でも先般、津波警報発令を想定した非常召集訓練を実施したところです。訓練については、質の高いものになるよう配意してまいります。

 防災アナウンスが聞こえにくい地域がある。定期的にアナウンスの訓練をしているようだが、明確に聞き取りできなければ、早めの連絡や救出援助に支障が出るのではないか。

 大規模災害対策として防災アナウンスは大変重要です。いざというときに確実に機能するように、防災アナウンスを運営している市町の担当者と情報を共有して、対応してまいります。

 大規模災害では道路が非常に混み合う。救援活動が効果的に出来るように、救援物資を搬送する車を優先し、一般車は特別な急用が無ければ通行を認めないようにしてはどうか。

 大規模災害時には、緊急交通路が指定され、緊急通行車両等以外の車両は通行を禁止又は制限されます。

 いつの災害でも火事場泥棒が発生する。酒田大火でもあった。熊本地震でも報道されているが、このようなことが起きないような対策を講じてもらいたい。

 各県警には、広域緊急援助隊が設置されており、災害発生時には、隣県のみならず遠隔地にも出動するなど、全国警察の協力体制が強化されています。中には、被災地の犯罪予防等を担当する部隊もあり、被災地住民と協力しながら、犯罪の予防等に努めています。

 災害は突然発生し、油断できない。一人 暮らしの高齢者の安否確認は、警察官だけでは難しいと思う。市役所、消防署、民生委員などいろいろな機関と連絡を密にするなど、確認体制を整えていく必要があるのではないか。

 警察や各自治体では、それぞれ一人暮らしの高齢者世帯の把握に努めています。災害発生時における各機関の情報共有等は極めて重要であり、今後とも連携強化に努めてまいります。

議題 2 警察業務全般に関する意見、要望等について

 湾岸道路周辺で暴走車両が騒音を出しているときがあるので、対応が必要ではないか。

   暴走車両の通報があれば、直ちに検索を実施し、必要な指導や取締りを実施しています。暴走車などの危険運転車両の取締りには、一般の方からの情報提供が不可欠です。これからの季節は特に懸念されるので、情報提供をお願いします。

 道路標示の停止線が見にくくなっている箇所がある。交通安全確保のためにも明確な表示が必要ではないか。

 道路標示については、毎年点検の上、優先順位を踏まえて補修しています。

 お気付きの箇所があった際は、積極的な連絡をお願いいたします。

 若い警察官のオレオレ詐欺被害防止の寸劇を見る機会があり参考となった。もっと練習できれば、更に充実したものになるのではないか。

 特殊詐欺被害防止広報の一環として、当署の若手警察官で組織する育成塾による寸劇を行っております。発生事案への対応やパトロール警戒などで練習時間の確保が難しいのが現状ですが、特殊詐欺被害防止の効果が高まるよう、練度向上に努めてまいります。

 生徒の安全確保のため地域見守り隊の活動をしているが、地方紙に「一般論として、地域の見守り活動に甘え、生徒の自主性が欠けてしまうのではないか」というような意見があった。見守り隊の活動方針の参考としたいので、助言をお願いしたい。

 地域見守り隊の活動は、地域社会の安全・安心のためには、欠かせないものであり、そのような活動を目にすることによって生徒の自主的な安全意識の向上にもつながるものだと考えております。是非、継続した活動をお願いいたします。

 高齢運転者には高齢者講習が義務付けられているが、持病をもつ運転者の講習等は義務付けられているのか。

 持病のある運転者への講習制度はありませんが、運転免許取得時や更新時の一定の病気等に関する質問票の提出義務や、一定の病気等に該当するドライバーを診察した医師による任意の届出制度等があります。

 樹木の生長により、交差点付近の視界を遮り見通しが悪くなることがある。

 良好な視界を保つために、樹木の伐採が必要と認められる場合はどこに連絡すべきか。

 樹木の生長により見通しが悪くなっている場合は、その樹木の管理者に申入れをして伐採をしてもらうか、管理者の許可を得て伐採することになります。

 見通しの悪い場所にお気付きの際は、警察に連絡をお願いします。

 酒田であった北朝鮮工作員の密入国事件や、世界各国で多発しているテロを防止するため、酒田市や遊佐町の沿岸等に不審者を見掛けたら通報を呼び掛ける看板等を設置するなどして、地域住民の警戒意識を高めてはどうか。

 不審者(船)の通報を呼び掛ける看板の設置やチラシ等の配布に関する意見については、他からも頂いており、現在、検討している最中です。設置場所やデザインを考慮し、早期の設置にむけ検討してまいります。

 新入学児童の安全指導や反射材使用の呼び掛けなど、交通安全協会の各支部の活動に警察から協力を頂き助かっている。今後ともよろしくお願いしたい。

 交通安全協会の各支部の皆様の活動には、警察としても大変感謝しています。今後とも、各支部との緊密な連携を図りながら、交通事故防止と交通安全意識の向上に努めてまいります。

  酒田警察署は、昨年県下で一番の評価を受けたと聞いた。

 また、柔道・剣道とも優勝するなど、市民・町民として誇りに思う。今後とも、一層の活躍を期待する。

 称賛と激励のお言葉を頂き感謝申し上げます。今後とも、市民・町民の期待と信頼に応えられるよう努めてまいります。

      協  議  状  況              

28 協議会1-1        28協議会1-2

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報