ホーム > 組織で探す > 県土整備部 > 河川課 > 河川行政 > 油流出事故にご注意ください!

油流出事故にご注意ください!

最近、一般家庭のホームタンクや事業所のタンクから、灯油などの油類が漏れ出し、河川などに流れ出す事故が増えています。

油流出事故が起きると・・・

私たちの暮らしや生態系に悪影響

油は身近にある道路わきの側溝や水路を通じて、川に流れ込みます。
ほんの少しの灯油が混じっただけで水道の水は臭くなってしまいます。流出の規模によっては多くの世帯が断水し、給水車に頼る暮らしを余儀なくされることもあります。そのほか、川の水は農業や漁業にも使われています。農作物や魚類などに被害が及ぶこともあります。そのうえ、流出した油の回収は大変困難で、生態系に悪影響を与えてしまいます。

油流出事故の原因者が費用負担

事故を起こすと油の撤去に費用がかかります。油の回収に要した費用は事故を起こした原因者が負担することになります。

油流出事故を防ぐための心掛け

1 その場を離れない

ホームタンクなどから灯油を小分けするときは絶対にその場を離れないようにしましょう。

2 配管の場所には目印を

除雪による配管の破損を防ぐために目印をたてておきましょう。
また、万一に備え防油堤を設置しておくと安心です。

3 落雪に注意して

屋根からの落雪による配管の破損・脱落やホームタンクの転倒に注意しましょう。

4 定期点検を怠らない

配管やホームタンクの定期点検に努めましょう。

事故を起こした場合や発見した場合

お近くの消防署、警察署、市町村役場、国や県の機関等へご連絡ください。

油流出事故防止啓発チラシ

チラシ表面(PDF/257KB)  チラシ裏面(PDF/300KB)

(最上川水系水質汚濁対策連絡協議会事務局作成)

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2014-12-04掲載
  • 2015-11-16掲載
  • 2016-12-14掲載
  • 2017-12-13掲載

関連情報