ホーム > 組織で探す > 県土整備部 > 県土利用政策課 > 土地対策班 > 「やまがたの土地対策」内ページ > 土地分類基本調査について

土地分類基本調査について

 

■土地分類基本調査とは・・・
 土地分類基本調査とは、国土調査法に基づく「国土調査」の一つであり、土地の自然条件(地形、表層地質、土壌等)及び利用現況を、既存資料の整理と現地調査によってとりまとめ、説明書及び国土地理院発行の縮尺5万分の1の地形図を基図とした図面に表したものです。
 調査成果は、各種土地利用計画、環境保全計画、防災計画などを策定する際の基礎資料となります。また、調査の内容が主に自然条件を対象としていることから、調査成果は将来にわたって利用することが可能です。


■成果図の種類について

 □地形分類図

   地表面の勾配、谷密度、単位面積内の起伏量等主として地形の形態に着目し作成した図面
 □表層地質図

   岩石の分布及び性状並びに地質構造等を明らかにした図面
 □土壌図
 
   土壌を形態、性状に基づいて区分し、その分布を明らかにした図面。国土調査では、
   地殻の最表層(地表から1mまで)を構成するものを調査しています。
 □水系谷密度図
 
   海に連なる河川、湖沼等公共の流路、単位面積当たりの谷の数などを表した図面
 □土地利用現況図
 
   調査時点の土地利用現況を畑、樹林、都市、集落などに区分して表した図面


■山形県における土地分類基本調査の実施状況
   
 山形県全域で調査済みです。

 実施状況一覧

 
       

■土地分類基本調査の閲覧及び貸し出しについて
   
 土地分類基本調査の閲覧については、県庁1階行政情報センターで閲覧することができます。
 また、貸し出しを希望される場合には、県土利用政策課までご連絡ください。(在庫の少ない資料もありますので、事前に電話などで確認いただくようお願いします。)
 

 国土交通省ホームページ「国土調査」へのリンク

※国土交通省ホームページにおいて、全国の土地分類基本調査の成果を掲載しております。
  画像のダウンロードも可能です。

        

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成25年4月3日更新
  • 平成26年6月20日更新

関連情報