ホーム > 組織で探す > 県土整備部 > 道路保全課 > 一般国道287号(白鷹町大瀬)地すべり > 2.通行規制

2.通行規制

 全面通行止めとしていました一般国道287号(白鷹町大瀬地内)の地すべり災害箇所について、平成26年12月10日(水)14時から片側交互通行を開始しました(大型車の通行も可能です)。

 冬期間は路面がスリップしやすくなっている場合もありますので、通行される際はお気をつけてお通りください。
 

 なお、これまで迂回路としてご利用いただいていた県道長井大江線は、平成26年12月11日(木)10時から冬期閉鎖(全面通行止)としています。

ページ内ジャンプ

   

通行規制

 片側交互通行の規制内容

  • 規制延長:240m
  • 待ち時間:約3分(信号処理)

 

片側交互通行開始後の状況

片側交互通行開始1片側交互通行開始2片側交互通行開始3

 

通行規制位置図

規制拡大図
拡大図[PDFファイル:約76KB]
1210規制広域図
広域図[PDFファイル:約116KB]

 

周辺道路の交通量(全面通行止め時の迂回路)【NEW】

 片側交互通行の開始後、国道287号の大型車両の交通量は、地すべり災害以前の台数に回復しています。

調査位置図

 
交通量調査位置図 

調査結果

交通量

 

迂回路対策工事

県道長井大江線

  • 平成26年3月31日
    緊急除雪を行い、普通車の迂回路としての利用開始
  • 平成26年6月30日
    安全対策工事(ガードレール等)に着手
  • 平成26年7月18日
    安全対策工事(ガードレール等)が完了

町道坂下平田中山線

  • 平成26年4月25日
    1. 安全対策工事(区画線、ガードレール等)を実施し、迂回路の利用開始
    2. マイクロバスまで通行可能(車長7.0メートル、車幅2.3メートル以下の車両)
  • 平成26年5月19日
    狭小部の拡幅工事を行い、中型バスまで通行可能(車長9.0メートル以下の車両) 

 

 

前へ(1.概況)目次へ次へ(3.調査・解析)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報