ホーム > 組織で探す > 県土整備部 > 港湾事務所

港湾事務所

酒田港の概要

 酒田港は最上川の河口に発達した港で、古くから日本海沿岸や内陸河川交通の要衝として多くの豪商が軒を並べていました。1672(寛文12)年には河村瑞賢による西廻り航路の開拓で繁盛し、北前船の寄港地として繁栄を極めていました。近代に入り、明治・大正には港勢の衰えが見られましたが、1951(昭和26)年に「重要港湾」の指定を受けて以来、山形県の海の玄関口として着実に発展を続けてきました。1995(平成7)年には韓国釜山港との間に国際定期コンテナ航路が開設され、また2000(平成12)年からはコンテナクレーンやCFS(コンテナ・フレイト・ステーション)上屋を備えた国際ターミナルが供用開始しています。

 近年は、2003(平成15)年に国土交通省の「総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)」に指定され、北港地区を中心にリサイクル関連企業の立地・稼働が進んでおり、2011(平成23)年には「日本海側拠点港(リサイクル貨物)」にも選定されました。また、2014(平成26)年以降はコンテナ貨物取扱量が大幅に増加し、さらに「ポート・オブ・ザ・イヤー2016」に選定されるなど、新たな時代の港へと躍進しています。

○ 山形県の港湾ついて

○ 酒田港パンフレット「Port of Sakata 2016」

○ 酒田港統計年報

○ 酒田港に関するデータ

所在地及び連絡先等

所在地:〒998-0036 山形県酒田市船場町2丁目5-15

電話:0234-26-5633   ファックス:0234-22-5216

山形県酒田海洋センター   

担当ごとの主な業務及び電話番号

総務係

庶務、予算経理、庁舎管理

電話番号:0234-26-5633

港政管理担当

港湾施設・用地等の管理及び許認可

電話番号:0234-26-5635

港湾整備担当

酒田港、鼠ヶ関港、加茂港整備事業の実施及び施設維持管理、港湾計画策定

電話番号:0234-26-5637

港湾振興室

港湾の振興、ポートセールス港湾統計分区条例酒田海洋センター及び酒田北港緑地展望台の管理

電話番号:0234-26-5634・5636

お知らせ

みなとオアシスにおけるWi-Fi機能付自動販売機の設置について