ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 健康長寿推進課(健康づくりプロジェクト推進室) > 健康づくりについて > 受動喫煙防止対策 イエローカードについて

受動喫煙防止対策 イエローカードについて

受動喫煙防止対策をすすめるためのイエローカードを活用しましょう!

みなさん、タバコの煙でつらい思いをしたり、困ったことはありませんか?

しかし、なかなか言えない・・・。こんな時に、イエローカードをそっと置いて施設管理者にメッセージを伝え、みんなでタバコ対策を進めていきましょう。

平成15年5月に施行された健康増進法では、官公庁施設、飲食店、百貨店、その他の多数の者が利用する施設の管理者は、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるようにつとめなければならないとされています。

使い方

不特定多数の方が利用する公共施設や飲食店などで、タバコの煙でつらい思いをしたり困った時、そっとイエローカードを置いたり、施設の方へ渡してみましょう。こちらの気持ちと、受動喫煙防止の努力義務について伝えることができます。

  • メモ欄は、気づき、ご意見などご自由にお書きください。
    (例:灰皿をなくしてほしいなど)

注意

タバコを吸っている方に対して使うカードではありません。

イエローカードを受け取った施設管理者様へ

イエローカードは、お客様からのメッセージです。

健康増進法に基づき、タバコの煙が漏れない、全面禁煙又は完全分煙の受動喫煙防止対策を考えていきましょう。

  • 健康増進法第25条で義務づけられています。

イエローカード配布場所

県庁3階 健康長寿推進課 健康づくりプロジェクト推進室  (山形市松波2丁目8-1)

村山保健所 地域健康福祉課 (山形市十日町1丁目6-6)

最上保健所 地域保健福祉課 (新庄市金沢字大道上2034)

置賜保健所 保健企画課    (米沢市金池3丁目1-26)

庄内保健所 保健企画課    (東田川郡三川町大字横山字袖東19-1)

印刷してお使いください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2014-10-07掲載
  • 2014-12-05問合せ先電話番号入力

関連情報