ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 長寿社会政策課 > 認知症施策について > 令和元年度かかりつけ医認知症対応力向上研修の開催について

令和元年度かかりつけ医認知症対応力向上研修の開催について

今後10年間で高齢者の5人に1人が認知症になると予測される中、高齢者に身近な主治医(かかりつけ医)の役割が重要性を増しています。
県では、かかりつけ医が認知症の早期発見と症状の進行の把握に関する知識・技術を習得するための研修を実施しています。
なお、修了者は、「やまがたオレンジドクター」として登録されます。 未受講の方は、この機会に是非受講ください。

1 開催日時及び会場

地区日時会場
置賜会場

令和2年1月25日(土)

13時30分~16時45分(受付13時~)

南陽市赤湯公民館(えくぼプラザ)大会議室

〒999-2211 南陽市赤湯791-1(電話 0238-43-3466)

庄内会場

令和2年2月1日(土)

13時30分~16時45分(受付13時~)

酒田市中央公民館 310中会議室

〒998-0034 酒田市中央西町2-59(電話 0234-24-2991)

 

2 対象者

  県内で開業している医師又は県内医療機関に勤務している医師(診療科不問) 

3 定員

  各会場 60名程度 ※受講希望者多数の場合は初めて受講する方を優先します。 

4 受講料

  無料 

5 研修内容

  「募集要項」のとおり 

6 修了者の取扱い

  1.  同意をいただいたうえで、県ホームページにおいて「やまがたオレンジドクター」として修了者の氏名等を公表・周知します。
  2.  全科目を受講した受講者に対し、厚生労働省の定める「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を修了したことを証する修了証書を交付します。
  3. 日本医師会生涯教育制度指定講習会に申請しております。修了すると3単位の取得が可能となる見込みです。

7 申込方法及び申込期限

 下記「かかりつけ医認知症対応力向上研修受講申込書」に必要事項を記入し、下記の期限までに、山形県長寿社会政策課あてにファックスでお申し込みください。

 
  • 置賜会場 令和2年1月17日(金) 必着
  • 庄内会場 令和2年1月24日(金) 必着
  
 
 
 
   ※「研修受講申込書」は、pdf形式、zip形式ともに同じものです。いずれか一方をご利用ください。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年10月31日 掲載
  • 平成29年12月12日 更新(最上会場を削除)
  • 平成30年10月22日 更新
  • 令和元年12月26日 更新

関連情報