ホーム > 組織で探す > 企画振興部 > 統計企画課 > 統計企画課 > 就業構造基本調査(平成24年)

就業構造基本調査(平成24年)

shigoto

就業構造基本調査は、国民の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的とし、昭和31年の第1回調査以来ほぼ3年ごと、57年以降は5年ごとに実施しており、今回は16回目に当たります。

平成24年の調査は、全国の世帯から無作為に選定した約47万世帯の15歳以上の世帯員約100万人を対象に、平成24年10月1日現在で実施しました。

※山形県では、約8千世帯、約2万人が対象となりました。

 

 

調査の結果 

山形県の結果について、以下のとおり取りまとめました。

 

全国の結果、概要については以下を御覧ください。

調査の概要

前回調査(平成19年)の結果

関連リンク 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成23年6月29日掲載
  • 平成26年2月26日更新(平成24年調査の結果を掲載)

関連情報