ホーム > 組織で探す > 子育て推進部 > 子ども家庭課 > 母子保健担当 > 未熟児養育医療

未熟児養育医療

 未熟児養育医療とは

   未熟児(出生時体重2,000g以下)等で、医師が入院養育が必要と認める未熟児を対象として入院養育に必要な医療の給付を行う制度です。
       世帯の所得税額等に応じて、費用の一部は自己負担となります。  

 <重要なお知らせ> 

       未熟児養育医療は、これまで県(各保健所)の事業として実施していましたが、平成25年4月1日から市町村の事業になります。

   受付窓口も、お住まいの市町村になります。

   詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報