ホーム > 組織で探す > 教育庁 > 義務教育課 > 理数教育の充実 > 第7回科学の甲子園ジュニア山形県予選会表彰式・強化研修会

第7回科学の甲子園ジュニア山形県予選会表彰式・強化研修会

令和元年11月4日、山形大学サイタセンターにおいて、第7回科学の甲子園ジュニア全国大会山形県予選会の表彰式が行われました。

1位の県立東桜学館中学校Aチームには賞状と優勝盾、個人盾が、2位の山形大学附属中学校Cチームと、3位の山形大学附属中学校Aチームには賞状がそれぞれ贈られました。

 

実行委員長の講評では、よかった点として「事前の学習の成果を生かして、よりよい記録を求めて粘り強く追究していたこと」、これから伸ばしてほしい点として「課題解決の方法をいくつか考え、その中でどれが最適かを考えること」についてお話がありました。

 

1位の県立東桜学館中学校Aチームは12月6日から8日にかけて、茨城県つくば市で行われる全国大会に山形県代表として出場します。全国大会でも全力を出し切って頑張ってきてください。

 

表彰式の様子
表彰式01表彰式02
表彰式03表彰式04

 

引き続き、強化研修会が行われました。

研修会では、山形大学理学部の栗山恭直教授を講師にお迎えし、プラスチックを区別する実験を行いました。

栗山教授からは「自分で考えた実験操作が本当に正しいかどうかを、分かっていることをうまく利用して確かめることが大切」と御指導いただきました。

 

強化研修会の様子
研修01研修02
研修03研修04

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ