ホーム > 組織で探す > 教育庁 > 義務教育課(特別支援教育室) > 幼保小連携スタートプログラム

幼保小連携スタートプログラム

           幼保小連携スタートプログラム 

              ~ 「遊び」から「学び」へ 共に育む自主性と思いやり ~

     

        山形県教育委員会では、幼稚園・保育所等及び小学校における子どもの成長と学びが滑らかに

   接続することを願い「幼保小連携スタートプログラムを作成いたしました。

 

    このスタートプログラムで大切にしたいことは、次の3点です。

 

    ○       幼児教育等の重要性を再確認すること
 
    ○       幼児教育等、小学校教育で等しく大切にしていきたい「自主性」と「思いやり」について、
     教育観を一にしてその芽を育んでいく方法を共有すること 
 
    ○       年長児の後半は、「協同性」を大切にした教育をしていくこと、小学校1年生の1学期は、
     幼児教育等のよさを小学校教育につなぐ工夫をしていくこと
 

    今後は、このスタートプログラムをもとに、県内における幼保小の連携を一層推進して参り

   いと考えております。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報