ホーム > 組織で探す > 教育庁 > 高校教育課(高校改革推進室) > 入学者選抜情報 > 公立高等学校及び県立中学校の入学者選抜における採点ミスに係る再発防止・改善策

公立高等学校及び県立中学校の入学者選抜における採点ミスに係る再発防止・改善策

 平成30年度公立高等学校入学者選抜の学力検査におきまして、多くの採点ミスがあったことが判明し、受検者をはじめ保護者や中学校関係者、さらに県民の皆様の信頼を損ねることとなりました。このような事態になった事は一切弁解の余地はなく大変重く受け止めるとともに、皆様に多大な御迷惑をおかけしましたことに対し、改めて心からお詫び申し上げます。

 こうした事態を受け、県教育委員会では入学者選抜における採点事務の現状と課題を検証するとともに、採点ミスの再発防止策について整理するため、「公立高等学校及び県立中学校入学者選抜改善第三者委員会」を設置し、貴重かつ具体的なご提言を多数頂戴いたしました。この提言を踏まえ県教育委員会としての「公立高等学校及び県立中学校の入学者選抜における採点ミスに係る再発防止・改善策」を策定いたしました。

 今後、入学者選抜の適正な実施に向けて、全教職員と教育委員会が一丸となって、この「再発防止・改善策」を確実に実行することにより、県民の皆様の信頼回復に全力で取り組んでまいります。

 

 

○ 「公立高等学校及び県立中学校の入学者選抜における採点ミスに係る再発防止・改善策」


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報