ホーム > 組織で探す > 教育庁 > 文化財・生涯学習課(生涯学習振興室) > 「山形の宝」キッズサイト関連 > 博物館フォルダ > 出羽小学校 > 埋蔵文化財センター出前授業の様子

埋蔵文化財センター出前授業の様子

平成25年6月10日(月) 山形市立出羽小学校6学年の様子

 はじめに、大昔のくらしの様子や遺跡などについて、県埋蔵文化財センターの先生がパソコンとプロジェクターを
使って説明してくださいました。
 図や絵、写真をたくさん取り入れた内容で、とてもわかりやすいお話でした。

  出羽小1出羽小2   出羽小2

 

 その後は、場所を体育館にうつして、大昔のくらしを体けんしました。
 参加人数に応じて、クラスやグループに分かれて学習を行います。
 出羽小学校の場合は、火起こし体けんと弓矢とばし体けん、
土器や石器のかんさつの2組に分かれ、時間を
区切って、それぞれを体けんしました。


 こちらは、火起こし体けんの様子です。
 出羽小4  出羽小5
 センターの先生の説明を聞いた後に、チャレンジしてみました。
 友達と力を合わせて火起こしに取り組む姿が見られました。
 しかし、なかなか思うようにはいきません。

 出羽小3
 埋蔵文化財センターの先生からも直せつポイントを教えていただき、いっしょにやってみました。

 うまくいったときには、このような満面の笑顔が見られました。 
 出羽小6  出羽小7 

 こちらは、弓矢とばし体けんと石器のかんさつの様子です。
  動物の的(まと)めがけて弓矢をはなちました。
 縄文時代のかりの様子を体けんすることができました。
  出羽小8  出羽小9  出羽小10


 大昔のくらしについて、教科書や資料集、ビデオなどで学んだことを、このように実さいに体けん・体感することで、
より深く理解することにつながります。
 出前授業では、実物を見る、実物にふれるなど、五感を使った楽しく、充実した学習を体けんすることができます。

 県埋蔵文化財センターでは、この他にもたくさんの体けん学習の場を用意しています。
 
 また、県埋蔵文化財センターの平成25年度イベントスケジュールはこちらからご覧いただけます
 ぜひおうちの方といっしょに足を運んでみてはいかがでしょうか

                           もどる   トップへ


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報