ホーム > 組織で探す > 教育庁 > スポーツ保健課 > 学校保健担当 > 脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

 交通事故やスポーツ外傷等の後に、脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、起立性頭痛(立位によって増強する頭痛)などの頭痛、頚部痛、めまい、倦怠感、不眠、記憶障害など様々な症状を呈する「脳脊髄液減少症」とよばれる疾患が起こりうるのではないかとの報告が一部の研究者からなされています。
 この疾患については、医学的な解明が進められている段階であり、スポーツ外傷等を原因として起きるかどうかも含め、いまだ定まった診断基準や治療法が確立していません。そこで、国では、研究班を発足させ統一的な診断基準の確立や治療指針の研究が行われています。

脳脊髄液減少症の診察可能医療機関について

学校におけるスポーツ外傷等の後遺症への適切な対応について(文部科学省ホームページ)

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ