ホーム > 組織で探す > 教育庁 > 神室少年自然の家 > 施設・設備案内

施設・設備案内

神室少年自然の家 所章
 
神室少年自然の家は、コナラやカラマツなどの豊かな森に囲まれた社会教育施設です。
自然体験、生活体験、科学体験を通して、感性を高め、いのち(自然)、学び(科学)をつなぎ、
地域(生活)とつながる青少年を育てることを目標としています。

当施設の概要は、次のとおりです。

◇施設の概要◇
  敷地の面積    174,075 平方メートル
  建物の面積      3,427 平方メートル
  付属施設の面積      442 平方メートル

主な野外活動施設
  ○ふじの木キャンプ場   収容人数 約50名 テント8張設営可能
               炊事場(屋根付)、トイレ、キャンプファイヤー場
  ○ならの木キャンプ場   収容人数 約100名 テント30張設営可能
               炊事場(屋根付)、トイレ、キャンプファイヤー場
  ○アカゲラの森キャンプ場 30名程度の野宿用のキャンプ場 
  ○その他         スキー場(雪遊び用のゲレンデ)、炭焼き小屋、ピザ焼き釜
               展望台、モンキーブリッジ など

主な屋内施設
  ○宿泊室     和室畳敷き、10室 定員200名 (他に 指導者室 2室 12名)
  ○プレイルーム  約180畳の大きさ(カーペット敷)、レクリエーション、映写会、
           キャンドルサービス、研修会など
  ○研修室     第一研修室(60名程度) 第二研修室(30名程度)
           クラフト制作や会議、研修会など
  ○食堂      座席数 96名

◇研修活動用具◇
  当施設では、様々な活動を行うための用具を無料で貸し出しております。
  具体的な品名・数量はこちらをご覧ください。
  なお、利用する場合は、なるべく活動計画書を提出の際に、ご予約ください。
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報