ホーム > 組織で探す > 農林水産部 > 農業経営・担い手支援課 > 大雪被害を受けた農業者への金融支援のご案内

大雪被害を受けた農業者への金融支援のご案内

 平成29年1月11日以降の大雪により被害を受けた農業者を対象に、経営の維持・安定を図るために必要な資金が円滑に融通されるよう、金融支援を行っています。

山形県農林漁業天災対策資金の融資

 平成29年1月11日以降の大雪により、農作物等被害を受けた農業者に対し、再生産に必要な運転資金を無利子で融資します。

資金の貸付条件概要

貸付対象者

 平成29年1月11日以降の大雪による被害を受けた農業を主な業務とする方(年間総所得のうち農業の所得が5割以上)で、市町村長から次の(1)又は(2)の被害認定を受けた方

 (1)農作物等の減収量が3割以上かつ減収による損失額が1割以上

 (2)果樹(栽培面積5アール以上)の樹体被害による損失率が3割以上

貸付条件

資金使途

 種苗、肥料、薬剤購入費等の運転資金

貸付利率

 0.9パーセント以下

 【無利子の融資機関】

 JA、山形銀行、荘内銀行、きらやか銀行、山形信用金庫、新庄信用金庫、米沢信用金庫及び鶴岡信用金庫

貸付限度額
  • 果樹栽培者(果樹収入が5割以上)
    500万円(法人2,500万円)又は損失額の55パーセントのいずれか低い額
  • 一般農業者(果樹収入が5割未満)
    200万円(法人2,000万円)又は損失額の45パーセントのいずれか低い額
償還期限

 被害程度により3年から6年以内(据置期間なし)

貸付期間

 平成29年8月31日まで

 

資金のご利用について

 資金の借入を希望される方は、お住まいの市町村へお問い合わせください。

  • 資金の借入申込には、市町村長が発行する被害認定書の添付が必要になります。
  • 資金の取扱開始時期及び取扱融資機関については、市町村ごとに異なりますので、お住まいの市町村へお問い合わせください。 

参考

「農業制度資金のご案内」(PDF155.2KB)

その他

 山形県農林漁業天災対策資金の詳細については、市町村、取扱融資機関のほか、県関係機関(各総合支庁農業振興課、農業技術普及課)にお気軽にお問い合わせください。

村山総合支庁

農業振興課(023-621-8383)

農業技術普及課(023-621-8280)、西村山農業技術普及課(0237-86-8215)、北村山農業技術普及課(0237-47-8630)

最上総合支庁

農業振興課(0233-29-1320)

農業技術普及課(0233-29-1328)

置賜総合支庁

農業振興課(0238-26-6049)

農業技術普及課(0238-57-3411)、西置賜農業技術普及課(0238-88-8213)

庄内総合支庁

農業振興課(0235-66-5498)

農業技術普及課(0235-64-2103)、酒田農業技術普及課(0234-22-6521)

農林水産部

農業経営・担い手支援課(023-630-2464)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年4月10日更新
  • 平成29年5月18日更新

関連情報