ホーム > 組織で探す > 農林水産部 > 水産試験場 > images > 最上丸 > 底びき網調査

底びき網調査

底びき網試験操業

最上丸で最も多く操業する底びき網の”かけ廻し漁法”について説明します。

タル落とし網入れタル取り
タル落とし網入れタル取り

1.漁場に着いたら周辺に船がいないか確認し、操業位置を決めます。
2.タルと呼ばれる大きな浮きを落とし、そのタルを頂点とした三角形を描くように船を進めます。
3.その三角形の底辺で網を入れ、再びタルのところまで戻って引き上げます。
4.その後、30分くらいゆっくりと走ってから網を引き上げます。

 

揚網中最上2
さあ、網が上がってきました。何が入っているか期待のふくらむ瞬間です。

 

カバーネット魚の選別
網の引き上げ魚の選別

・左はカバーネットと呼ばれる調査用の網で、大きな魚は上の網へ、それをすり抜けた小さな魚は下の網へはいるようになっています。
・この網を使うと、目合いごとに獲れる魚の大きさがわかるため、小型魚を保護するにはどの大きさの網を使えば良いのかわかるようになります。
・獲れた魚は、種類や大きさごとに選別します。

 

あら場漁獲物最上5
アンコウやカレイ類(水深120m)ホッケなど(水深250m)

水深によって魚の種類が違います。水深100~150mではアンコウやカレイ類が多く、水深200~300mではハタハタ、タラ、ホッケなどが獲れます。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報